2022年 1月 21日 (金)

AKB襲撃の梅田悟―母親・オジが語った異様「人の話聞かない、しゃべらない」「思いのまま行動」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   岩手で行われたAKB48の握手会で、メンバーに刃物で斬りつけた十和田市の無職、梅田悟容疑者(24)は「人を殺そうと思った。だれでもよかった」と話しているという。これまでに何度も聞いたセリフだ。母親が語った「心の闇」もまた、ひとつのパターンだった。つまりはそういう時代なのか。

高校陸上部でいじめにあい別人に…

   けがをした川栄李奈(19)と入山杏奈(18)はきのう26日(2014年5月)夕方、盛岡市の病院を退院した。2人とも深く帽子をかぶって、ケガをした手をタオルでくるみ、川栄は大きなマスクをかけていた。顔にもキズを負ったのか。報道陣に「すみません、ご心配をおかけしました。東京に帰ります。ありがとうございました」と語った。謝る必要なんかあるまいに。いかに「会 いに行けるアイドル」とはいえ、何とも痛々しい。

   握手会に参加できる「握手券」はCDについている。ファンはお金を払ってアイドルに接することができる。AKBが定着させた巧みな戦略だが、手を消毒することと危険物の検査はやっていた。キングレコードはこの日、「100人の警備体制をとっていた」という。しかし、参加者の話を聞くと、「過去4回、手荷物の検査はなかった」という。緩んでいたのか。とにかく、切りつけた梅田は折りたたみ式のノコギリを持って会場に入り襲った。

   一緒に住む母親とオジが梅田の暮らしぶりを話した。「CDもない。AKBにも音楽にも縁がない」「人の話を聞かない。こうした方がいい、ダメだと言っても、自分の思ったように行動する。何を言ってもだめだった」「人に会いたがらない。閉じこもってしまうタイプ」「何を考えているかサッパリわからない。しゃべらないからね」

   そうなったのは高校に入ってからだという。足が速く陸上部に入っていたが、いじめにあって変わった。しかし、何があったのかはわからない。昨年12月まで仕事をしていたが、いまは無職で自宅にいた。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中