音楽番組こうでなくちゃ…由紀さおり堪能!美しい鼻濁音、媚びない清しい生き方
<由紀さおりスペシャル 歌を愛し、歌に生きた半世紀>(BS TBS)

印刷

   地上波に碌なものがなく、偶々選んだBSで素晴らしい番組に出会った。如何にも予算の少ないBS番組らしく、ライブの録画とインタビューだけの構成だが、それがかえって歌の魅力をたっぷり聴かせてくれた。由紀さおりと姉の安田祥子との童謡デュオコンサート、ピンク・マルティーニとの渋谷ライブハウスでのコンサート、他は2人のインタビューとレコ大局・TBSの秘蔵映像の様々。
   何より心地いいのは藝大出身の安田はもちろんだが、由紀も美しい鼻濁音で日本の歌を歌う。美しい詩の可憐な叙情歌や童謡をけれん味なく歌う。爽やかで清々しい。しかし彼女たちは媚びていない。歳も取っているけれど、生き方に確たる自信があるから媚びないし、辛口である。由紀は今後、女の人生を唄う歌謡曲を歌いたいという。
   彼女が尊敬している過去の歌手は美空ひばりであり江利チエミであり越路吹雪であり、それぞれの持ち歌、「リンゴ追分」や「テネシーワルツ」なども歌った。ひばりにはハワイ公演に連れて行ってもらったという。歌唱力のある後輩としてひばりには目をかけられたのであろう。筆者は由紀の格段のフアンというわけではない。しかし、端正な日本語で歌う軟派の歌手として彼女は貴重な存在だと思う。今は余りにも酷い人が多いから。例えば「花子とアン」の主題歌の絢香。鼻濁音は全くできない上に歌詞に出てくる「ガ」や「ゲ」が「」「」と発音されるので汚くて聞きづらい。(放送2014年5月30日19時~)

(黄蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中