横田めぐみさんは帰ってくる!『週刊文春』推測記事信じたいが、『週刊新潮』は「帰せない重大事情」

印刷

利害一致した安倍首相と金正日第一書記…「核問題でオバマを見返したい」「習近平に一矢報いたい」

   今週の週刊誌が競って書いているのは、近々、安倍晋三首相が北朝鮮に行き、拉致被害者が帰ってくるのではないか、帰ってくるとすれば誰と誰なのかという『推測』記事である。まずは『週刊ポスト』から引用してみよう。

<スウェーデンのストックホルムで5月26日(2014年)から開催されていた日朝局長級協議終了後の29日、安倍首相は「北朝鮮政府との間で、拉致被害者を含むすべての行方不明者の全面的な再調査で合意した」と発表し、経済制裁の一部解除に踏み切った。
   官邸にとっては、今回の再調査合意も、今年の3月から動き出した「首相の電撃訪朝シナリオ」の一幕に過ぎない。
   実は安倍首相はすでに3月末、政府専用機を運用する航空自衛隊に対して、「北朝鮮のフライト準備」を指示していた>

   週刊ポストによれば、北朝鮮サイドから「調査の落とし所として生存者リストを提出する」という確約が取れたので、制裁解除まで踏み切ったのだと外務省筋が語っている。さらに、外務省筋は「北朝鮮はこれまで名前が上がったことのない人物を含め、3人ほどリストにあげてくるという感触を得ている」と明かす。

   たった3人と思うが、それは置いておくとしても、北朝鮮が歩み寄ってきたのはそうとう困っているからに違いあるまい。中国は親中国派の張成沢・元国防副委員長を金正恩第一書記が粛正したことに怒り、北朝鮮への物流をストップしたことで、平壌でもストリートチルドレンが出現しているといわれる。

   北朝鮮は庇護者だった中国と事実上の冷戦状態にあり、韓国との関係も最悪である。アメリカとは核開発をめぐる6か国協議再開のメドも立っていない。それを見た安倍政権はいま、アメとムチを使い分けて北朝鮮に決断を迫っているというのだ。

   アメは北朝鮮がこだわる朝鮮総連本部ビルの保全だ。政府とつながりのある民間企業に意を含めてビルを買わせておき、将来は北朝鮮大使館として使わせてやってもいいというサインだと公安筋が語っている。一方のムチは、この5月に入って神奈川県警、京都府警などが総連関連企業に一斉に不正輸出の容疑で強制捜査をかけたことだ。

   安倍首相のほうにも北朝鮮カードを使わざるを得ない事情があるという。経済面ではアベノミクスが息切れのうえに、消費税増税不況が忍び寄り、外交では米中韓との関係悪化を乗り切る道筋が見えてこないからだと週刊ポストは書いている。安倍側近議員がこう語る。

<「日朝国交正常化は総理の看板の『戦後レジームからの脱却』の大きな一歩になる。オバマ大統領はこれまでに北の核開発問題解決に何の成果も上げていないから、総理が道筋をつけることができれば、それこそ大嫌いなオバマ大統領の鼻を明かすことができる。
   そのためにはなんとしても訪朝したいと並々ならぬ意欲を燃やしている」>

   安倍首相はよほどオバマ大統領が嫌いのようだ。オバマ大統領を見返したい安倍首相と、中国の習近平主席に一矢報いたい金正恩、お互いの利害が一致するというわけだ。ともに3代目の「お坊ちゃん政治家」でもある。安倍首相は最近、周囲に「俺はオバマより金正恩のほうが気が合う」とこぼしているが、まんざらジョークでもないのだろうと週刊ポストが書いている。

ロイヤル・ファミリーの裏側知り過ぎてしまっためぐみさん…北朝鮮にとっても「大事な人」

   週刊ポストには北が返すかもしれない拉致被害者の名前は松本京子さん以外挙がっていないが、『週刊文春』では横田めぐみさんが帰ってくる可能性があると報じている。元警察最高幹部によれば、そもそも北朝鮮のいう再調査など必要ないという。<「北朝鮮では外国人、中でも日本人は、保衛部が所在を完全に把握している。あとは交渉に応じて『誰をどの順番で出すか』だけの話です。おそらく、一度に複数の被害者は帰さず、『小出し』にしてくるでしょう」>

   しかし、北朝鮮側がすでに死亡しているといっていためぐみさんが帰ってくれば、日朝関係が激変する可能性もある。安倍総理の側近は期待感を露わにしてこう語っている。<「じつは官邸は、横田さんの件で『ある感触』を得ています。モンゴルでウンギョンさんに会わせたのも、そのシグナルのひとつと見ています。めぐみさんを帰すことで、北が一気に日本との距離を縮めてくる可能性も否定はできません」>

   『週刊新潮』に至っては「再調査で4人帰る」とし、日本政府はめぐみさんの生存を「絶対確信している」と報じている。当初、北朝鮮は彼女について、うつ病で精神が不安定になり、93年3月、病院で自殺したと説明していた。もっとも、死亡証明として提出してきた証拠は嘘にまみれていたが。

   拉致問題に取り組んだ実績のある閣僚経験者はこう力説する。<「少なくとも2012年の段階では、外務省も拉致問題対策本部も、めぐみさんは生存していると確信していました。というのも、日本政府は、拉致問題の全容を把握する極めて有力な大物幹部を情報源に持っていた。その大物高官が、『生きているのは間違いない』と断言していたからです」>

   だが帰せないのだという。<「めぐみさんを含め、向こう側が死亡認定した拉致被害者を返還できないのは、国家機密に関わる情報を知る『大事な人』だからです。とりわけ、めぐみさんは、『ロイヤル・ファミリー』の中枢部分すら垣間見てしまっている。(中略)彼女は94年からの2年間、金正日の次男・正哲、そして当時10歳で、今や権力を継承した三男・正恩の日本語家庭教師を務めていた」(「救う会」の西岡力会長)>からだというのだ。にわかには信じがたい「めぐみさん帰還説」だが、北朝鮮側が日本に歩み寄ってカネをせしめ取ろうというのだから『可能性』はあるような気もする。

   だが、安倍首相は焦って前のめりになる前に、曽我ひとみさんの夫ジェンキンスさんの「忠告」にも耳を傾けたほうがいい。<「北が日本との交渉に応じるのは、日本から何がもらえるかを見通しているからだ。(中略)安倍総理に電話して、『北朝鮮はいつもお前を利用しているぞ!』と警告したい。

   私は北に39年もいたんだ、北のやり方は知っている。安倍総理には、こう言いたい。『北朝鮮が結果を持ってくるまで、何一つあげるんじゃない』と。北は受け取れるものを先に受け取って、最後にこう言うだろう。『拉致被害者は見つかりませんでした』と」>

   たしかに功を焦る安倍首相が金正恩の術中にはまるのではないか心配である。したたかさでは年は若いが金正恩のほうが上かもしれない。この時期を選んで、北朝鮮の国家安全保衛部の新ミスターX(週刊新潮によればキム・ジョンチョルという人物だそうだが)が安倍首相側に接触してきたことを考えても、そう思わざるを得ない。

雲仙・普賢岳「大火砕流」…『フライデー』編集長だった23年前!直前にカメラマン撤収の幸運

   きのう4日(2014年6月)の朝日新聞にこんな記事が載った。<消防団員や報道関係者ら43人が犠牲になった雲仙・普賢岳の大火砕流から3日で23年となった。この日を「いのりの日」と定めている長崎県島原市では、市役所などで半旗を掲げたり、慰霊碑に花を供えたりして、犠牲者を追悼した>

   あのとき私は『フライデー』の編集長だった。フライデーからも現地に2人のカメラマンを派遣していた。大火砕流が起こる2日前だったと記憶しているが、担当の編集部員に「だいぶ長くなるからいったん引き上げてもらえ」と伝えた。部員から連絡が行き、2人は現場を離れた。その2日後に火砕流で多くの尊い命が失われた。ライバル誌の『FOCUS』のカメラマンも犠牲になった。

   その後、いくつかの新聞、週刊誌から「なぜ引き上げさせたのか。何か予感のようなものがあったのか」と聞かれたが、そんなものは何もなかった。ただ運がよかったとしかいいようがない。犠牲者の方々の冥福を祈りたい。

サッカーW杯「FIFAランキング」下から4番目!日本3連敗でグループリーグ突破できずの可能性

   いよいよサッカーW杯が始まる。強化試合のコスタリカ戦に逆転勝ちして意気上がる日本代表だが、週刊文春に気になる記事がある。6月2日付の『日刊スポーツ』がサッカー日本代表の本田圭祐(27)が手術をしていたと報じたが、週刊文春によれば、以前同誌が報じたバセドウ病の手術だというのだ。

   帝京大学医学部名誉教授の高見博氏はこういっている。<「この手術痕であれば、バセドウ病と考えて間違いないでしょう。傷が正中にあるので、腫瘍とかそういう類ではありません。(中略)

   バセドウ病になると、本来は激しい運動は控えないといけない。(中略)本田選手の様なアスリートの場合は運動を前提にしている。メルカゾールなどの抗甲状腺剤を服用してプレーしていたのでしょうが、本当に大変だったと思います」>

   チームの大黒柱だけに気になる情報ではある。

   週刊新潮は、メディアの前評判はいいが「実は一次リーグで敗退濃厚」だとお祭り騒ぎに冷水を浴びせている。<5月8日に発表された最新のFIFAランキングによれば、日本は47位。これに対し、1次リーグ対戦相手の3カ国はそれぞれ、コートジボワール21位、ギリシャ10位、コロンビア5位と、すべて『格上』だ。それどころか出場32か国中、日本は豪州、韓国、カメルーンに次いで4番目に低い序列にあるのだ>

   スポーツ誌サッカー担当記者がこう解説する。<「FIFAランキングの算出法は99年、それまでの試合を重ねると順位が上がっていくシステムが改正され、06年には地域間の不公平も是正されたことで、より実力に近い順位が出されるようになりました。『3連勝で1位通過』といった報道もありますが、普通に考えれば3連敗しても不思議ではなく、日本が一次リーグを突破するだけでも驚きといえるのです」>

   そう甘くはないことは確かであろう。

肉食系山岸舞彩「激しすぎる車中抱擁・接吻」NEWS ZERO放送後に直行

   週刊文春の軟らかい記事を2本。日本テレビの人気女子アナ(なんだそうだ)、山岸舞彩が男と車内で接吻をしていたという張り込みネタ。<五月二十二日午前〇時四十分。「NEWS ZERO」の放送後、日本テレビを後にした山岸舞彩(27)。その夜、彼女は自宅には直帰せず、送迎車は近所のファミレスの駐車場に滑り込んだのだった。

   クルマを降りた山岸は、しばらく送迎車を見送ると、店の入り口ではなく、駐車場内の一台のクルマに向かって歩いていく。(中略)エンジンを切った車内で待っていたのは、小誌記者も見覚えのないイケメン男性だ。(中略)山岸がシートを倒すと、男性は一気に彼女の肩に手を回した。じゃれ合う二人の距離がどんどん近づき、遂には『ZERO』に――。

   深夜一時十分、二分間もの熱烈なキスを交わした二人。その後も、互いの首や背中に手を回し、絡みつくような熱い抱擁が始まった。途中で身体が離れそうになるが、今度は山岸の方から口付ける>

   週刊文春の取材によると、彼はアイスホッケー選手の菊池秀治(27)。身長174センチ、体重84キロでポジションはディフェンスだそうだ。がっちりした分厚い胸板と、丸太のような太ももが特徴のアイスホッケー界のスター選手という。

   2人とも東京生まれの東京育ち。2人の接点は6年前に遡り、山岸が08年にゼビオグループのCMに出演し、10年1月には同社提供のスポーツ番組で菊池と共演したことからだという。菊池の知人がこう話す。

<「秀治は今年の初めまで、同じ大学出身の元フィギュアスケーターと交際していました。でも、確かに山岸さんは顔も体も彼のタイプ。彼は特にお尻フェチなんですよ(笑)」>

   週刊文春が山岸に直撃して、菊池さんとお付き合いをされているんですねと聞くと、こう答えている。<「ああ、その件はまだ何もお答えすることができないので……。ここまで来ていただいて申し訳ないんですけど、ちょっとお答えすることができないんです」>

   肉食系といわれる彼女らしくない戸惑った受け答えだが、恋をすると女は弱くなるのか?

日本一の「指原莉乃推し」42歳妻子あり…「これまで使った貯金で家が建つ」

   お次は6月7日に開票される「AKB48総選挙」で第1位になるといわれる指原莉乃の熱烈なファンのお話。ブログ「指原のためにできること」を運営して、ファンの間では通称「さしため」として知られるそうである。この御仁、昨年の開票番組では、指原の地元・大分市で応援する姿が映し出され、当の指原にも「イチゴ農家の人」と説明された有名人だそうだ。

   この人、妻と2人の息子を持つ42歳の男性。一見、そうは見えないが、筋金入りの指原オタクだそうである。<昨年の指原の得票数は十五万五百七十票。さしため氏の票は三%を超える計算だ。氏は今回も投票券が同封されたシングルCDを大量購入しているというが、そのコストは膨大。詳しい金額は明かさないが、仮に四千六百票分投票権を集めるために、約千円の劇場盤CDを相当数購入すると、しめて四百六十万円! 注文した膨大なCDは、ダンボール詰めで送られてくるのだが、その包装を剥ぎ、投票券を取り出す作業は、なんと自腹で雇ったアルバイトに委託しているという>(週刊文春)

   輪ゴムで束ねられた分厚い紙の束をポンと記者の前に置いた。<「投票券です。外出するときは、いつも持ち歩いています。これで五百枚くらい。時間を見つけてはケータイで投票してます。一枚一枚のシリアルナンバーをサイトに入力して投票するのにも、相当な時間がかかるんです。指原にかけているお金は、年間で八百万円から九百万円ですね」>

   これまでを合わせと家が建っていると笑う。握手会参加のための握手券の入ったCDも大量購入するという。1枚で3秒間握手できる握手券を869枚まとめて出したこともあるそうだ。時間にして40分間。会っても大した話はしていないという。

   私にはこうしたファン心理はまったくわからないが、奥さん公認だそうである。オタク活動に使う金は結婚前に貯めた貯金を取り崩しているそうで、奥さんからもらえる月の小遣いは3万円。だから奥さんは怒らないのだろう。

   おととし、週刊文春がすっぱ抜いた指原の恋愛スキャンダルはどう受け止めたのかと聞いたところ、指原のそういった何かしでかしそうなところが応援していて楽しいという。だが、先日の握手会襲撃事件については、強い口調で怒りを露にしたそうだ。

<「僕らはイベントがなくなって会えなくなるのがいちばん困るんですよ。会いに行けなかったら皆ファンを辞めますよ!」>

   会いに行けるアイドルが売りだから、握手会はAKB48商法の生命線なのだ。だが、事件後初のAKB劇場の舞台では、警備の物々しさばかりが目立っていた。あんな怖い連中に囲まれたアイドルなんて、カネをもらっても会いに行きたいと思わないが、この人のように熱烈なファンは違うんだろうな。

   AKB48ブームの終焉となりそうな今回の総選挙のバカ騒ぎでもテレビで見てみるか。それにしても指原のどこがいいのか? 普通の女の子過ぎるところがいいのかな。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中