スマホ連続ひったくり!狙われる通話中や手持ち女性の「iPhone」―大阪で一晩4件

印刷

   スマホを狙うひったくり事件がきのう23日(2014年6月)、大阪で連続発生した。1時間半に4件、被害にあったのは女性ばかりだ。うち3件はアップル社製のiPhoneが奪われた。

   司会の羽鳥慎一「ブラジルの話ではなく、日本ですよ、これ」

   狙われたのには、ある共通のわけがあった。

スポーツタイプの黒い自転車に乗り、黒い服と黒っぽい帽子男

   事件は、きのう深夜、大阪市中央区道頓堀の半径約700メートルの範囲でたて続けに起きた。スポーツタイプの黒い自転車に乗り、黒い服と黒っぽい帽子の男が女性のスマートフォンをひったくって逃げた。被害者の女性は待ち合わせ中や歩きながら通話していたり、使ってはいなかったがむき出しで手に持っていた。

狙いはスマホ

   羽鳥「カバンでなく、スマホ自体をとるのは凄くないですか」

   舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)「スマホをいじっているときは無防備になるから危険ですよね」

中古でも3万~5万円で買い取り…現金むき出しで歩いているのと同じ

   ITジャーナリストの三上洋氏はこう話す。「iPhoneはブランド価値があり、人気が高くて、中古でも3万円から5万円で取り引きされます。歩きながら使うのは現金を裸で持つことと同じです」

   岩上安身(ジャーナリスト)「盗んで中国とかに密輸すると、すごくもうかる。需要があるのです」

   「今の時点では、とにかく個人が自衛するしかありません」とリポートした小松靖アナが伝える。とくに、歩きスマホは周囲の迷惑になるばかりではない、自分が危ない。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中