「政務活動費問題」飛び火恐れる兵庫県議会『野々村隠し』!辞職勧告で幕引き

印刷

   不明朗な政務活動費支出報告が問題となっている兵庫県議会の野々村竜太郎議員はきのう7日(2014年7月)、説明責任を果たすことなどを求めた県議会から「勧告」を受けた。議長に対して、反省の色を見せ、政務活動費などの調査には全面的に協力し、不明確なカネは返納する、議員辞職も検討すると話したという。

「奴にこれ以上しゃべらせるな」

   勧告に立ち会った県議は「非常に神妙な面持ちで、本当にやつれたような感じだった」と話す。ただ、報道陣はこれを取材できなかった。県議会側の配慮で報道陣の前を通らずに出入りしたからだ。

最後まで追及

   キャスターのテリー伊藤「(議会側が)マスコミに見せないように出入りさせたのは、『これ以上しゃべらせない』という口封じのような気がするよね。野々村議員も議員辞職を考えてるというが、しっかりちゃんと全部話してからじゃないとおかしいですよ」

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「県議会が辞職を勧告してここで収めようというのは、それはおかしいと思いますね。責任を最後まで追及すべきですよ」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中