「引退宣言」氷室京介、聴力悪化していた 高橋まこと「本当にお疲れ様でした、としか今は…」

印刷

   山口・周南市で行ったライブで「次の横浜2DAYSをもって氷室京介を卒業する」と宣言していたロック歌手・氷室京介(53)が、7月19日(2014年)の横浜スタジアムでのライブで「両耳の深刻な聴力の悪化」を告白した。

   氷室も所属したロックバンド「BOΦWY(ボウイ)」でドラマーを務めた高橋まことはこの日夜、ツイッターで「そうでしたか、耳がねー。本当にお疲れ様でした、としか今は言えません」とコメントを投稿した。

   フォロワーから「氷室サンの耳 看護学生の娘が 絶対治す。と」とのリプライが寄せられると、「そう願います」と返している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中