2019年 5月 24日 (金)

夏休みに急増する「子どもの小遣いトラブル」まとめて与えるべきか、月々定額か

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   三輪秀香アナが警告する。「子供だけで遊ぶ夏休みはお金のトラブルが増える季節です。ネットで手軽に決済できるオンラインゲームで子供が使った金額が10万8000円。コンビニの電子カードでの買い食いなどなど。相談件数は去年(2013年)の2・5倍と急増中です」

親が小まめにチェックして褒めてやる方と身に付く金銭感覚

   東京都在住の横山佳代子さんの長男・集羽君(10歳)は、月々の小遣いはゼロ。その代り、お年玉でもらった5000円が年間の小遣いだが、財布の中は1円玉と5円玉だけで合計22円と使いはたした。何に使ったのか。ゲームセンターのカードゲームは1回100円で、最強の選手のカードを手に入れたいと何度も挑戦した。コンビニの電子カードで友だちにおごってやった事も多い。

   井ノ原快彦キャスター「僕はお金がない時はゲームセンターで後ろでゲームを見ていました。遊ばないと仲間外れになるという思いは親の余計な心配で、子どもはいろいろ遊び方を考えます。こういう世の中にしたのは、僕たち大人でしょう。申し訳ないと思うよね」

   フィナンシャルプランナーの竹谷稀美子さんが、集羽君の相談で横山家を訪ねて提案した。「お年玉の5000円を月々で割ったらどう」。計算機に出た416円を見て集羽君は、「少ない」と呟いた。

   「月々に何を買いたいのか書き出してみよう」という竹谷さんの提案でリストを作ると、マンガ雑誌530円、お菓子108円など合計938円になった。母の佳代子さんは言う。「月に500円。それ以上は無理です」

   譲らない集羽君は涙目になって肩を震わせ、交渉は中断。竹谷さんは「子どもに金銭感覚を身に付けさせるためには、お小遣いは月々がいいし、母親が小まめにチェックして、褒めてやる方が子供のモチベーションも上がります」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中