尾木ママに「スッキリ!!」謝罪 「今後に期待して今回の件はよしとしました」

印刷

   教育評論家の尾木直樹氏(67)が8月5日(2014年)、日本テレビ系朝のワイドショー「スッキリ!!」の責任者から謝罪を受けたとブログで明らかにした。

   尾木氏は番組からコメントを求められて大急ぎで取材場所まで出かけてカメラ収録をしたものの「1秒も」使われず、それについての説明も一切なかったと憤っていた。

   5日、「スッキリの責任者の方から連絡できなかったことお詫び」「説明と今後はあってはならないとの改善決意」を聞いたと明かし、「今後に期待して今回の件はよしとしました」と矛を収めた。

   「(今回依頼されたのは)『取材』ではなくて『コメント録り』」で、「取材は確かに使うも使わないも番組判断」だが、「(コメント録りは)教育問題の専門家として、経験や知識、見識を動員し、時間と場所を確保して対応するわけですから設定された大切な『仕事』」と話している。

   そして「私もたまたまの街頭取材なら文句言うはずがありません」「安易な誤解生む表現したものだと大反省です」と謝罪している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中