2018年 9月 24日 (月)

<今週のワイドショー>錦織圭ついに優勝か!?待ち構えた朝ワイド 番組スタート直後の敗退にがっくり

印刷

   7日(2014年9月)の日曜未明にテニス全米オープン準決勝で世界ランク1位のノバク・ジョコビッチを破り、ワイドショーは月曜から錦織圭一色となった。各番組もレポーターをニューヨークに送り込んだ。

   <錦織圭とジュニア仲間・石井大裕アナ大泣き!「ボクの夢もやっと...」>(TBS系「あさチャン!」)、<錦織圭テニス全米OP決勝進出の秘密「チャンコーチをチラ見」あれでギアが上がった>(テレビ朝日系「モーニングバード!」)、<錦織圭「全米オープン」決勝相手チリッチ―格下だが「ケイのリズム崩す」>(日本テレビ系「スッキリ!!」)

敗因分析で時間つぶし

   さあて、9日火曜日早朝は決勝戦だ。朝ワイドは放送時間中に熱戦が繰り広げられているはずだ。映像の放送はできないが、現地レポーターから試合の速報は流せる。万全の態勢で臨んだが、なんと錦織はストレート負けで、番組が始まった直後の8時3分に決着がついてしまった。

   <錦織圭ストレート負け!バックハンド封じられ粘り切れず完敗―テニス全米オープン>(「モーニングバード!」)、<4大大会決勝戦のプレッシャー!錦織圭「粘り」発揮できず敗退―テニス全米オープン>(フジテレビ系「とくダネ!」)、<錦織圭の敗因「気負い」?大舞台で相手は格下。勝てるかもしれない...>(「スッキリ!!」)と敗因の分析と盛り上がらないことになってしまった。

   しかし、翌日以降も<錦織圭「準優勝やっぱり悔しい。次はいつ4大大会決勝に来られるか...」>(「スッキリ!!」)、<粘りの錦織圭を支えた「リハビリメニュー」タンパク質より炭水化物と野菜>(「モーニングバード!」)と錦織ネタを取り上げた。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中