広島コーチ・石井琢朗「巨人の強さは『駆け引き』『細かい野球』」

印刷

   プロ野球広島東洋カープの一軍内野守備走塁コーチの石井琢朗(44)が9月18日(2014年)、「巨人の強さ」についてブログで語っている。

   きのう17日の試合で広島は1回の4点のリードを2回で追いつかれ、その後一進一退の攻防を繰り広げたものの9対7で敗れた。

   石井は「勝てるはずのゲームも勝てない」「お釈迦様の手のひらの上で野球をしていたような」「情けなくて涙出てきました」と悔しさをにじませた。

   なぜ巨人は強いのか。巨人と自軍の違いは何か。試合前、かつてヤクルトに所属し、今は野球解説者の宮本慎也(43)と語りあった。

「今の日本の野球界は、メジャー志向が強いせいか、なんとなく力勝負こそが美学のようになっている。そんなメジャーかぶれな中にあって唯一、日本野球のいいところでもある駆け引きや細かい野球ができているのがジャイアンツなんだと。それが強みだ」

と聞かされた。

   「選手の層の厚さであったり経験値もあるんでしょうけどそれだけじゃない」と巨人の強さを認めながらも「この後に及んで、優勝どころか2位も危うくちょっと嫌な負け方にズルズルと行ってしまいそう」と焦りの色を見せている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中