中川翔子「私ってすごい短足だなあと改めて感心した」

印刷

   タレントの中川翔子(29)が10月9日(2014年)、自分の足の短さについてツイッターで触れている。

   この日、中川はライブリハーサルの途中でピンクのジャージパンツ、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」のキャラクターが描かれた半袖Tシャツ1枚というラフな格好の「自撮り写真」を投稿した。鏡越しに全身を写していたため、より足の短さが際立った。

   「三曲めくらいで、ジャージが後ろ前逆にはいてるの気がついてしまった」と報告するも「それ以上にすごい短足だなあと改めて感心した」と話している。

   ファンからは「脚みぢかっ!」「しょこ短」「短足もしょうこちゃんの魅力だよ」「「大丈夫!4頭身のショコタンが好きなのさ!」と概ね好意的な意見が寄せられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中