不良高校が変わった!いまや「入りたい学校」、センバツ甲子園出場、進学率大幅アップ...

印刷

   長崎県諫早市の創成館高校(生徒770人、教員51人)が注目されている。生徒の非行や経営の行き詰まりといった廃校の危機から立ち直り、「入りたい高校」へと変身したからだ。

先生も生徒も試される「本気度」

   10年前は万引き、喫煙、不法侵入、恐喝事件は当たり前、授業もできない状態だった。経営も最先端の学校をめざした借金がかさんで、倒産の危機にあった。それに立ち向かったのが奥田修史校長(43)だ。父の後を継いで33歳で就任すると、まず教員の意識改革に取り組んだ。生徒を見下したような教員は退職させ、全教員の給料を40%カットした。

やるねえ

   いま教員は毎朝、教員は生徒のためにあるという「心得10カ条」を校長室で唱和する。「生徒の成長に命をかける」「常に常に夢を語り、夢を持たせる」と声をそろえる。

   生徒にはあいさつを本気でやることから始めた。月曜の朝礼では約20分間の大半を「本気のジャンケン」に費やす。校長も生徒も唯一のルール「本気でやること」に全力を集中する。最後は「あいさつ練習」で終わる。1年生の女子生徒は「ちょっときつい月曜も、本気でジャンケンすると本当に楽しい」と話す。

   生徒のあいさつに融資打ち切りの話をしに来た銀行マンがびっくりし、学校が変わってきたことを理解して融資続行が決まった。奥田校長は「君たちのあいさつのおかげで救ってもらった」と生徒に話した。

学校説明会はディスコ調のド派手

   中学生と保護者への学校説明会もディスコ風の派手な演出に変え、生徒も楽しさをPRする。「あの学校、変わったな」「心底楽しんでいる」という評判が広がった。今年の説明会には800人が集まった。

   10年前は40%だった進学率がいまは70%だ。昨年度卒業した192人中29人が1日も学校を休まない皆勤賞だった。入試の競争率は4倍。高校野球は春のセンバツ大会に出場し、体操部や吹奏楽部も活躍する。

   香山リカ(精神科医)「どんな人にも力があり、教員にかかっていることがわかります」

   司会の加藤浩次「校長先生は優秀な経営者にもなっていますね」

   その奥田校長は「やりたいことがまだいっぱいある」という。

   キャスターのテリー伊藤「これからだね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中