異色の芸能プロ社長・石井光三死去!「4人でコント赤信号。ギャラも4等分」(ラサール)

印刷

   「石井光三オフィス」の石井光三会長が6日(2015年1月)に胆管がんのため亡くなった。83歳だった。もともとは戦後すぐの東横映画京都(現東映)のニューフェースだった。のちに松竹芸能に入り、83年に独立した。ラサール石井や磯野貴理子らを発掘する一方で、「オレたちひょうきん族」などに出演して、豪快な笑顔をみせた。

テレビ局スタッフ部屋に押しかけ勝手にスケジュール記入

   コント赤信号のラサール石井(59)は「『君らおもろいなぁ~』っていって、なんだこのおじさんはと。まさかマネージャー、社長になるとは思わないので、うるさい人だなと思ってたら、それからずっと付き合って。あっという間にスケジュールが真っ黒になりましてね」と話す。

寂しいですね

   テレビ局のスタッフの部屋に「どうも、すんまへ~ん」と入ってきて、「来月どないしましょ、どないしましょ」と話しかけ、「好きにしてください」「ほなここに書いときますわ」とスケジュールを勝手に入れていったという。

   ラサールは「石井さんがいなかったら、私たち(コント赤信号)はいまここにはないですね。(石井会長を含めた)4人で赤信号だってずっと言っていて、ギャラも4等分してたんです」という。

予算のない制作会社には「安いギャラで出演OK」

   キャスターのテリー伊藤は「何度も助けられましたね」という。「制作会社にいて、予算も少ないし、ムダ遣いもしてお金がなくなって光三さんとこへ電話して、『お金がないんです』というと、『よしゃわかった』とホントに安いギャラで出てもらったことが何度もあります。なんか寂しいですね」

   司会の加藤浩次「キャラクターは豪快な感じですが、敏腕マネージャーだったんですか」

   テリー「そうですよ。『うち使ってやあ』と、最高の人だった」

   葬儀・告別式は近親者のみですでに済ませており、後日お別れの会が開く予定という。またひとり、古き良きテレビ人がいなくなった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中