2018年 7月 20日 (金)

ボーリング場従業員土下座させて動画投稿!女子高生逮捕「めちゃおもろいわー」

印刷

   ボーリング場の従業員に土下座させたあげく、その映像をネット上に流してはしゃいでいた女子高生らが強要の疑いで逮捕された。先月(2014年12月)、滋賀県近江八幡市でのことだ。「ボーリングしにいこーとしたらもめて、最終的に店員が土下座しよった(笑)。めちゃおもろいわー」「くそおもろかったわー笑」という書き込み見た人が滋賀県警に通報し発覚した。

夜間に訪れ、「年齢確認」にイチャモン

   逮捕されたのは舗装工の寺方和哉容疑者(27)と遊び仲間の16歳と17歳の女子高生2人だ。3人は夜間に近江八幡市内のボーリング場を訪れた際、女性従業員から年齢を確認されたことに腹を立て、「早く土下座しないと店のものを壊すぞ」などと脅し、40分にわたって土下座を強要した疑いだ。寺方は「店員が勝手に土下座した」と容疑を否認しているが、少女2人は「間違いありません」と認めている。

多いですね

   夜間に未成年らしき少女の年齢確認をするのは、条例で従業員に課せられている仕事だ。元検事の田中喜代重弁護士は「最近の風潮として、ネット上に掲載して面白おかしく見世物にする。それを放っておくわけにいかなくなってきています。(警察は)何の処罰もおとがめもないのはよくないと、強く出るようになっています」という。

   司会の羽鳥慎一「この手のネット上の投稿が本当に多いですね」

   館野晴彦(月刊誌『ゲーテ』編集長)「(ナッツリターンで吊し上げている)韓国のことを言っていられないですよ。立場が弱い人を屈服、土下座させて写真に撮ってネットで拡散させる。質が悪い」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中