後藤健二さん殺害で「イスラム国」内部に対立?イラク派とシリア派

印刷

   「イスラム国」が公開した後藤健二さんの殺害映像について、現地メディア「TahrirSy」はツイッターで撮影場所は「アレッポのマンビジュ近く」と報じている。マンビジュはトルコ国境に近いシリア北部にあり、「イスラム国」は後藤さんを釈放するために国境近くまで移動させていた可能性がある。

   そこまでしながら、なぜ殺害したのか。中東調査会の高岡豊・上席研究員は「これについてはイスラム国の間に内紛や分裂があるという憶測を呼んでいます」という。

いったんは「28日解放」決まったという情報

   カメラマンの渡部陽一も次のように見ている。「ヨルダンに捕らわれているサジタ・リシャウィ死刑囚を引き戻すのか、そのまま放置しておくのかでイスラム国の中で議論があったと思います。イスラム国の本流であるイラクを抑えているバグダティ指導者の組織に対し、シリア側のラッカを拠点としている新しいイスラム国側が、『リシャウィ死刑囚を引き戻さなくていい』という駆け引きがあったのではないでしょうか」

   シリアからの避難民の中には、「28日の段階まで後藤さんの解放が決まっていたが、イスラム国内部で内紛があり解放されなかった」という情報もあった。

   では、「これから悪夢が始まる」と脅された日本はどう立ち向かったらいいのか。橋口いくよ(作家)は「自分たちとの関連で論じるときに、自己責任論になってしまう場面によく出くわしましたが、もうそういう状況でないと感じますね。自己責任論から一歩出て視野をもっと広く持つことが大事になってくるのではないでしょうか」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中