<金曜ナイトドラマ「セカンド・ラブ」>(テレビ朝日系)
フカキョンのベッドシーン肩透かし!ガード固く、見えるのは亀梨和也の裸だけ・・・喜んでいるのは女子とオカマ

印刷

   キャッチコピーは「金曜の夜、あなたは恋に溺れる」。脚本・大石静、演出・塚原あゆ子、ゼネラルプロデューサー内山聖子の女性制作者による女性のための夜メロドラマである。

   金曜ナイトドラマは「特命課長 只野仁」に代表される男も楽しめる数少ないドラマ枠だったが、今回はイケメン、裸、胸キュン、ドロドロ・・・と、女性の大好物をたっぷりご用意させていただきましたという新しい試みだ。

   主演の亀梨和也が演じる平慶(たいら けい)はコンテンポラリーダンサーということで、毎回かっこいいダンスシーンが登場する。週刊文春に「SMAPは踊れないから」とジャニーズの副社長メリーさんが言ったとか言わないとか、そんな記事が出ていたが、亀梨のSMAPにあてつけのような役は偶然なのか。たしかに、亀梨のダンスシーンと鍛えられた肉体美はこのドラマの見せ場のひとつと言えそうだ。

実力派が脇固め、がぜん面白くなってきた謎解き

   相手役・ヒロインの女子高の化学教師・西原結唯(にしはら ゆい)を演じるのは深田恭子。同僚教師と不倫関係にあり、閉塞感にさいなまれる日々だが、運命の出会いにより...と物語が始まる。

   ほかに、結唯と不倫関係にある同僚教師に生瀬勝久、結唯の母親に麻生祐未、亀梨のバイト仲間の肉体労働者に寺島進、亀梨の幼馴染に早見あかりと、実力派の役者が揃っているのに、ほとんど出番なしは壮大な無駄づかいと思っていたら、第2話からストーリーが動きだし、がぜん面白くなってきた。

   探偵顔負けの尾行で結唯が不倫していることを突き止め、さっそく慶にチクる幼馴染の綾子も、娘の無断外泊を心配し、校長の自宅や学校にまで電話してくる母も、慶と付き合っているのではと疑う不倫相手も、ここに来て壊れ出している。母がなぜ異常なまでに娘に執着するのかなど、物語が進むとともに謎も解けていくに違いない。

   毎回ベッドシーンがあるのはいいが、裸が拝めるのは亀梨ばかりで、フカキョンはベッドの中でもしっかりタオルケットを巻き付けて固いガードだ。これではフカキョン目当ての男性視聴者は肩透かしもいいところだろう。亀梨の裸だけでは女子とオカマしか見なくなる。もう少し男性視聴者にもサービスしないと。夜メロの成功のためにひと肌脱ぐか?フカキョン。(金曜よる11時15分~)

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中