2018年 12月 10日 (月)

ガラパゴス化で先細る日本のアニメ輸出!作品がよければ売れる時代は終わった

印刷

   アカデミー賞は惜しくも逃したが、「かぐや姫の物語」や「ダム・キーパー」など日本人の監督によるアニメ作品がノミネートされ、あらめてそのレベルの高さを印象付けた。しかし、日本のアニメはクール・ジャパンの牽引役と期待されながら、実は長らく輸出が伸び悩んでいる。海外への売り上げのピークは2005年には313億円だったが、13年には169億円まで減少してしまった。

   コンテンツ・ビジネスに詳しい電通コンサルティングのシニアディレクター森祐治さんはこう分析している。「今までは日本のアニメは人気があり、海外の人たちがどんどん買いに来ていたので、あまり売り方を考えなくても、人気があるものをそのまま持っていけばお金になったのです。ところが、05年をピークに下がってきた。実は日本のアニメだけでなく、DVDなど映像作品が非常に苦しい時代に入ったということなんです。日本はそういう環境の変化を知らなかった。そのためマイナスの方向に一緒に落ち込んでしまったのです」

徹底した「買い手優先」で成長する韓国アニメ

   いま現場では、企画の段階から海外の多様な人々を意識した制作を進める新たな取り組みが模索されている。東京都内にある最大手の制作会社の看板作品「ドラゴンボール」は、29年前から世界70か国以上でテレビ放送がされてきた。そんな実績のある会社だが、最新の映画は初めから海外市場を意識し、世界30か国以上の公開を計画している。そのため各国の規制にも配慮し、たとえば日本では多く見られる流血の場面をなくした。そうした「国際標準化」を進めることで、各国のファンを獲得しようという戦略なのだ。

   日本のアニメ制作会社のアドバイザーを務めるジョン・イーサムさんはこういう。「(2000年代前半、アメリカで大ヒットした)『ポケモン』と同じことをみんな狙っていて、日本からたくさんの作品を買い始めたのですが、残念ながらキッズ(子供)向けでヒットしている日本のアニメは減っています。やはり海外のターゲットをどうするかが課題だったと思うんですよね」

   日本のアニメが低迷している間に、「標準化」を徹底して輸出を伸ばしたのが韓国だ。ロボットがクルマに変身する「ロボカーボリー」は世界80か国以上で放送されている。制作会社は企画段階から海外で展開することを想定し、どこの国でも受け入れられやすい作品を作ることに力を傾けてきた。その一つが試写会。各国のバイヤーにパイロット版を見てもらい、それぞれの国の実情に合わない部分を指摘してもらって訂正したり削除したりしている。時にはストーリー自体を変えることもあるという。オム・ジョンヨン監督は「私たちの作品をできるだけ多くの国の子供に見てもらいたいので、それぞれの国にある制約を守るのは当たり前です」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中