うつみ宮土理「遺骨をベッドに運んで一緒に寝てます」キンキン死去から1か月

印刷
「心の中に大きな穴がぽっかり空いてしまいました」

   夫の愛川欽也が亡くなってから1か月、タレントのうつみ宮土理(71)がきのう10日(2015年5月)に心境を語った。「ずっと手を握っていて」「いまも遺骨と一緒に寝ています」

「愛川欽也と結婚できたことが最高の幸せでした。本当にありがとう」

   会見したのは愛川が造って2人の名前をつけた「キンケロ・シアター」だった。うつみは黒のスーツに白いブラウス姿で、笑顔のキンキンの写真を傍らに涙を浮かべながら語った。

欽也さん後押し
「毎日、笑い合ってすごしていたので、悲しくてつらくて寂しくていとおしくて、一緒に天国に行きたいと何度も思いました」
「家に帰って遺骨を抱きしめると、『元気出すんだよ』『しっかりしろ』とキンキンの深くて温かくて優しいあの声が聞こえてくることがはげましです」
「『泣くなよ。笑ってろ』といってると思いますが、笑えません。遺骨をベッドに運んで一緒に寝てます」

   2人に「病院」という文字はなかったという。「家が好きなことも、私の横にいることが好きなことも知っているので」自宅療養しかなかったという。愛川の強い希望で病状は公表されなかった。医者には来てもらったが、「手を握ってました。ずーっと」。愛川は「早く仕事がしたい」と言いつづけたが、握る手の力はだんだん弱くなっていった。しかし、「痛い」とはいわなかった。

「(この1か月は)あんまり悲しくて、何にも覚えてないんです。愛川欽也と結婚できたことが最高の幸せでした。キンキンに感謝、私と結婚してくれて本当にありがとう」

   最後に「きょうは満員御礼で、キンキンが喜んでいると思います」と一瞬笑顔になったが、「ありがとうございます」はまた声を詰まらせた。

キンケロシアターで来月に展示会

   司会の羽鳥慎一「きのうの会見まで家から出られなかったということです」

   住田裕子(弁護士)「自宅療養は辛かったと思います。だからその喪失感は大きいでしょうね」

   石原良純(タレント)「うつみさんも葬儀のときよりは元気に見えましたね。欽也さんが『行けよ』と後押してるような気がしますよ」

   キンケロ・シアターでは6月6、7日に展示会を開くという。一般向けの献花台も設ける。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中