桜島噴火!住宅街に噴煙、100キロ離れた種子島でも降灰―観測史上6番目の規模

印刷

   鹿児島県の桜島がきのう21日(2015年5月)に噴火した。噴煙は4300メートルに達し観測史上でも6番目だ。「100キロ以上離れた種子島まで火山灰が飛んだという話もあります。ほかの火山も異変が起きているそうで、どうなっているんでしょうか」と司会の小倉智昭が伝える。

   桜島からモクモクと上がった噴煙は東に広がり住宅街に及んだ。大きな噴石は4合目にも飛んできた。警戒レベルは3だった。

小笠原・西之島もマグマ活発化

   東京都心から1000キロの太平洋上の西之島はおととい20日、島から10キロの海域が黄緑に変色した。木下康太郎アナによると「ガスと噴煙がまじっています。専門家はマグマが活発化しているためだろうと話しています」

何かが起きてる

   ニュースデスクの笠井信輔「こうなると気になるのは箱根です」

   箱根山は4月からの火山性地震が4000回を超えた。ただ、東京大地震研究所の専門家は「桜島と西ノ島との関連性はない」としているそうだ。そうは言われても不安は消えない。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中