FIFAブラッター会長辞意!5選からわずか4日後・・・汚職捜査が身辺に迫った?

印刷

   FIFA(国際サッカー連盟)のブラッター会長は2日(2015年6月)、スイス・チューリッヒで緊急記者会見を開き辞意を表明した。「6時のニュース」コーナーで藤森祥平アナが伝えた。

   アメリカ司法当局がFIFA幹部の汚職を摘発した直後に起きなわれた先月29日の会長選挙で5選を果たしたばかりだった。会長は組織体質を改める必要があるなど辞任の理由を挙げたうえで、「FIFAの選挙で会長としての権限を与えられたが、サッカー関係者全員から支持されたわけではないようだ」と無念さをにじませた。

   後任の会長選びは早くても今年12月以降になるため、それまではブラッター会長が会長職にとどまるという。

18年ロシアW杯、22年カタールW杯の開催地見直しに発展か

   会長に選ばれてわずか4日後の辞意表明はいったい何があったのか。「あさチャン!」は触れなかったが、1日付「ニューヨークタイムズ」が捜査関係者の話として、ブラッター会長の側近であるFIFAのジェローム・バルク事務総長が、南アフリカW杯開催をめぐり不正に関与した疑いがもたれていると報じ、これに関係があるのかもしれない。

   今後は、ブラッター会長に不正への関与はなかったのか、2018年ロシアW杯、2022年カタールW杯についてどのような不正が行われたかが焦点になりそう。は開催地の見直しに発展する可能性も出てきた。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中