2018年 9月 25日 (火)

審査委も知らなかった佐野エンブレム修正!発表直前に見せられ「まったく違うじゃないか」

印刷

   2020年東京五輪大会組織委は9月1日(2015年)、佐野研二郎氏デザインのエンブレムの白紙撤回を発表した。エンブレム選考に当たった審査委員会の代表の永井一正氏(札幌五輪エンブレムの作者)が初めて取材に答え、問題になった「『デザイン変更』の経緯を全く知らなかった」と驚くべき証言をした。

初めに佐野研二郎ありきだった大会組織委

   組織委の依頼で永井氏ら8人のデザイナーたちが公募作品の選考に当たった のは、昨年11月だった。作者の名前付きで並べられた公募作品104点から投票で絞り込み、2日かけて佐野氏の作品を選んだ。しかし、その後は「国際商標上のひっかかりがあって」とは聞いたものの、修正の経過は知らされなかった。

   修正は国際オリンピック委員会(IOC)からの「類似のものが複数ある」という指摘を受けたためで、組織委のマーケティング局と佐野氏だけで行った。修正されたものは今年2月、組織委の森喜朗会長と武藤敏郎事務総長が見た。2人が「躍動感がなくなった」と指摘したためさらに修正されて、発表作となったのだった。

   永井氏は「発表の1週間前まで変更を知らなかった。選んだものとは異なっていた。Tの文字がなく、赤丸の位置も違っていた」という。委員の中から「修正は認められない」と異論も出た。コンセプトまで変わったという指摘もあった。そのコンセプトについて、佐野氏は「1964年の東京五輪のエンブレムからイメージをふくらませた」と話す。亀倉雄策氏作の大きな日の丸を指すが、佐野氏のオリジナルには大きな円はどこにもない。

   この修正の過程が表に出たのは、模倣疑惑を払拭するために組織委が3つを並べて見せたからだ。これがやぶ蛇で、新たな疑惑と完全なパクリがひとつ暴かれてしまった。公募で落選した古平正義さんは、修正前と後では「別ものですよ。4つの部品のうち、元のままは真ん中の黒いところしかない」という。端から佐野氏ありきだったのではないかという疑念にもつながる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中