NHK「あさが来た」好調滑り出し!スタート2週間で人気定着

印刷

   NHK連続テレビ小説「あさが来た」がスタートして2週間経て、なかなか好調だ。時代劇ではじまることを危ぶむ声もあったが、武家の話ではなく、京都・大阪の商家が舞台とあって、暮らしぶりや年中行事がていねいに描かれてむしろ好評だった。

   視聴率も初回21・2%で、朝ドラ6作連続の20%クリアとなった。2週間の平均視聴率も20%台を維持している。ヒロインの波瑠をベテランの林与一、寺島しのぶ、近藤正臣が支え、安定感のあるドラマとなっているのも人気の秘密のようだ。

テレビウォッチ編集部
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中