三井不動産マンション傾いた!住民「手すりがズレてる変だ」手抜きと偽装

印刷

   大手も大手、三井不動産グループが建設・販売した大型マンションが傾くという、信じられないことが起こっていた。地盤調査を一部で実施せず、施工記録も差し替えられていたというから悪質である。

   マンションは横浜市都筑区に大型商業施設と一体開発で2007年に完成した。最高12階建ての4棟があり、700世帯が入っている。うちの1棟で昨年11月(2014年)、別棟との渡り廊下の手すりがずれていることに住民が気付いた。

   三井側が調べたところ、手すりが2.4センチ、床面が1.5センチほどこの棟が低くなっていた。この棟には52本の杭が打ち込まれているが、うち28本を調べた段階で、6本が支持層と呼ばれる強固な地盤に届いておらず、2本も打ち込みが不十分とわかった。

   さらに今月(2015年10月)、杭の施行記録が差し替えられていたと、三井不動産から横浜市に報告があったという。

国交省と横浜市「建築基準法違反」で調査

   杭を施工したのは下請けの旭化成建材だった。現場は複雑な地形で、一部では支持層が深いところにあった。支持層に届いていない杭はここに集中していた。専門家は「考えられないこと。手抜きですね」という。国土交通省と横浜市は建築基準法違反の疑いで調査するという。

tv_20151015124149.jpg

   住民は「頭にきています。謝って済む問題じゃない」「ズレをもどしたら終わりというわけにはいかない」という。傾き自体は「ビー玉を転がしてもわからない」「この1、2か月ドアの締まりが悪くなった」という程度らしいが、今後どう対応するのかが問題だ。

   きのう14日(2015年10月)に三井不動産が行った住民への説明会は深夜にまで及んだ。住民は安全対策と金銭面の補償を求め、三井不動産は1か月後をめどに修繕方法を提案するとした。資料によると、工事の期間は1年前後になるという。

工期とコスト最優先でごまかし放題

   このニュースを「あさチャン!」は3回繰り返して流したが、いずれもコメントはなし。あっさりしたもんだ。耐震偽装で「朝ズバッ!」の司会者みのもんたが吠えまくっていたのがなつかしくなる。

   耐震偽装もそうだったが、建築をめぐる法規制は完璧でも、書類上でごまかしてしまえばそれっきりだ。業界を動かしているのがコストと工期という現実はなんら変わっていない。不具合が出なければそれっきり。お役所も関わらない。ひたすら謝って辻褄を合わせる。補償もする。日本の現状はお寒い。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中