2018年 7月 19日 (木)

「やせすぎ女性」に待ってる真っ暗な将来!貧血、低体温、感染症、薄毛、要介護・・・

印刷

   「日本女性の8人に1人はやせすぎという、過去最悪の数字になっています」と三輪秀香アナが伝える。食事制限でやせようと、20~40代女性の中には本来取るべきカロリーの半分も摂取していない人も少なくない。こうした極端な食べないダイエット弊害は小さくない。順天堂大学・本田由佳医師が警告する。

「血液が少ないために、貧血や低体温で風邪を引きやすくなります。感染症にも罹りやすいですね。疲れやすい、生理不順で無月経になりやすく、やがては骨そしょう症につながっていきます」

   将来の要介護も可能性が高いこともわかってきた。

生まれてくる子供は「生活習慣病」

   三輪アナ「美容への悪影響もあります。皮膚のたるみ、しわ、肌荒れ、薄毛なども出やすいんです」

   やせすぎは胎児にも影響が出る。早稲田大学研究院・福田秀興教授は「やせ形の女性から2500グラム未満で生まれた子供は、将来の疾病のリスクが高まる傾向にあります。心筋梗塞、糖尿病、脂質異常症、メタボリック症候群、神経発達異常など生活習慣病が高率で出て来やすいんです。女性のやせすぎは本人の健康障害だけでなく、自分の子供や孫ひ孫のも影響を及ぼすことになるんです」

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中