<俺物語!!>
鈴木亮平30キロ太って役作り!「高校1年生男女3人組」恋心伝えられないもどかしさ・・・

印刷
(C)アルコ・河原和音/集英社
(C)アルコ・河原和音/集英社 (C)2015映画「俺物語!!」製作委員会

   主人公の剛田猛男(鈴木亮平)は高校1年生だが、いかつい風貌でとても高校生には見えず、男子からの支持は絶大だが、女子にはまったくモテない。幼馴染みで親友の砂川誠(坂口健太郎)は、猛男とは対照的に超が付くほどのイケメンで頭も良く、女子からはモテまくりだ。

   そんな二人が女子高生・大和凜子(永野芽郁)がヤンキーに絡まれているところに出くわす。猛男は大和を助け、大和は猛男に一目ぼれをしてしまう。しかし、猛男は「自分ではなく砂川を好きになった」と思い込み、二人の仲を取り持とうと奮闘する。

   大人気少女漫画の映画化で、笑って泣けるラブコメデイに仕上がっている。

憧れの美少女が俺なんかを好きになってくれるはずがない

   物語の前半で、猛男の豪快で笑える人柄、恋愛の不器用さが描かれる。大和は猛男のために手作りスイーツを毎日作って持ってくる。砂川も加わって3人で食べながら、猛男は喜ぶ大和の瞳に「好きだあ」と心の中で叫ぶ。その気持ちを押し殺し、「大和は砂川が好きなんだ」と信じて、「砂川は本当にかっこいいし、いい奴だ」と褒めまくる。

   砂川は猛男への気遣いから、「猛男の悪口を言うから」と女子とはまともに話をしようとしない。ただ、大和だけは「いい子だ」と猛男に話している。

   3人の登場人物はお互いに気を回し過ぎるくらい優しい。そこが話をややこしくして、まあ、この映画の見どころなのである。物語の後半では、大和の猛男に対する気持ちが強調されていく。手作りスイーツにはある想いが込められていて、そこからの展開には涙がこぼれそうになる。

   猛男を演じた鈴木亮平は体重を30キロも増やして役作りに励んだ。体も大きいが、それ以上に大きな器をもった心優しい猛男を、原作のイメージを壊すことなく演じている。拍手を送りたい。

PEKO

オススメ度☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中