2018年 7月 19日 (木)

歌手Keisha敗訴にガガ、アデルら応援表明!ソニー・ミュージックに契約解除請求

印刷

   歌手のKeisha(ケシャ)はパートナーシップ契約を結んでいる音楽プロデューサー、Dr.ルークから性的、肉体的、精神的虐待を受けたと訴え、彼が監督するソニー・ミュージック傘下のレーベル「Kemosabe Records」との契約解除を求めて裁判に訴えていたが、ニューヨークの裁判所はケシャの訴えを退ける判決を下した。

ファンらも本社前で抗議

   敗訴に大泣きするケシャの様子が報じられると、ファンらは一斉にツイッターなどで抗議し、なかにはソニー・ミュージック本社前に陣取って、ケシャをレーベルから解放して欲しいと訴えた。立ちあがったのはファンだけではない。レディ・ガガ、テイラー・スイフト、マイリー・サイラス、ソニー所属の売れっ子アデルまでが、英国レコード産業会主催のブリッツ・アワードの授賞式で、ケシャのサポートを宣言した。

   Dr.ルークは「やってない」とレイプ疑惑を否定し、ソニー側はケシャとKemosabeレコードとの契約なので口出しできる立場ではないと逃げ腰だ。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中