2018年 8月 15日 (水)

レッチリ・フリーの国歌演奏に非難轟々!崩し過ぎて「何の曲かわからん」

印刷

   アメリカのプロバスケットボール「NBA」の試合で、試合前の国歌演奏がネットで「炎上」騒ぎとなっている。14日(2016年4月)、ロサンゼルス・レイカーズのスター選手であるコービー・ブライアントの引退試合に、人気ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のベーシストで、レイカーズの大ファンでもあるフリーが国歌演奏のために招かれていた。フリーはエレキギターの伝説的なアーティスト、ジミー・ヘンドリックススタイルのベースで、国歌を弾くことにしたという。

   動画サイトのYouTube(ユーチューブ)に投稿された映像を見ると、フリーはアドリブ的なフレーズを織り交ぜ、ところどころ調子外れのようにも聞こえる歪んだベース音が会場に鳴り響く。観客の拍手や歓声も今ひとつ、まばらなようである。

帽子もかぶったままで「「国歌に対する侮辱だ」

   このヘンテコな演奏に観客は戸惑い、拍手も歓声もまばらだ。SNSなどではコメント欄に「国歌に対する侮辱だ」「私はレッチリのファンだけど、これはひどいよ」といった批判が殺到し、フリーがレイカーズのキャップを被ったままだったことも非難の的になった。国歌演奏時は帽子を取るのがマナーとされるからだ。

   フリーはTMZのインタビューで「気にしてないね。音楽好きな人には気に入ってもらえたはずだ。いい演奏だったと思うよ。気にいらないといって腹を立てる、心の狭い奴のことまで気にかけていられないんだ。オレは広い心が好きだよ」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中