「NHK受信料」都道府県別支払い率!ほとんどの世帯が払ってる秋田、低い大都市と九州・沖縄

印刷

   NHKは24日(2016年5日)、2015年度の受信料の推定世帯支払い率を発表した。受信契約世帯の総数は4652万世帯で、このうち実際に支払っているのは3564万世帯、76・6%だった。

   もっとも支払い率が高かったのは秋田県の97・6%で、青森、岩手、山形、島根、新潟、富山、島根、鳥取も90%を超えていた。東北、北陸、北関東、中国、四国は高い。最も低かったのは沖縄の48・4%で、北海道、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫、福岡、大分も全国値以下だ。九州と大都市が低いことがわかる。ただ、いずれの都道府県でも14年度より伸びており、NHKは「訪問による契約・収納ではなく、法人委託の拡大が効果を生んだ」と見ている。

(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中