2019年 6月 25日 (火)

荻上チキ「一夫二妻生活疲れた。元の鞘に戻りたい」気鋭の論客『男の身勝手』

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   まずは「今週の不倫」から。荻上チキ氏(34)は平成を代表する若手の論客らしい。彼が出ているTBSのラジオ番組「荻上チキ・Session-22」はギャラクシー賞ラジオ部門でDJパーソナリティ賞を受賞したそうだが、その理由は「知的な話術がリスナーの考える力を刺激する」というものだった。

   週刊文春によれば、彼が経済学者・飯田泰之氏らと立ち上げたニュースサイト「シノドス」が定期的に開いていた勉強会に来ていた女性と深い仲になってしまったというのだ。彼には大学時代に知り合った妻と2人の子どもがいるが、これだけなら知的な男に惚れた女の物語として、週刊文春が追いかけることもなかったのだろう。

   だが、荻上氏、その女性にのめり込み奥さんに離婚してくれと口にするようになったという。何度か件の女性と別れたりくっついたりを繰り返すうちに、両方と別れることができずに、ついに今年3月(2016年)から「一夫二妻生活」を送り始めたというのである。

   彼女は20代で出版社に勤めている。週刊文春が電話インタビューして、不倫と呼ぶ関係だと思うがと尋ねると、こんな答えが返ってきた。<「世間一般が、私たちの関係をどのように受け止めるのかは、私たちで決められることではないです。ただ奥様が傷ついたことは、私の口から『事実でない』とはいえません」>

   やりとりを読む限り、私のような軟弱で無知な人間とはとてもお付き合いしていただけない難解な女性と見た。

   荻上氏に聞くと、奥さんとは離婚協議を進めていたが、子どもと離れるのが難しいため、彼女とは別れ、関係修復を目指しているという。<「自分の未熟な行動で、妻子および相手の女性を深く傷つけたこと、申し訳なく思っています」(荻上氏)>

   これって不倫をした男がいう常套句だが、恋に落ちれば知者も愚者も同じだということですな。

「水曜日のカンパネラ」コムアイ歌もキャラも魅力的!同棲直撃され堂々の答えっぷり

   お次は「水曜日のカンパネラ」コムアイ(23)が同棲生活を送っているというフライデーの記事。なんのこっちゃと思われる方が多いと思う。私もそうだった。フライデーによれば、2012年から活動を開始し、いま注目を浴びている音楽ユニットのボーカルだそうだ。カンパネラはイタリア語で「鐘」を意味する。<ラップがクセになる「桃太郎」は、YouTubeで900万回以上の再生を記録している>(フライデー)

   私も聴いてみた。なかなかカネがかかったミュージックビデオで、昔話をラップにしてコムアイが魅力たっぷりに歌っている。いいよ!

   慶應大学の環境情報学部を卒業した才媛だが、なかなか個性的な女性らしい。同棲相手は30代のクリエイターのようだ。フライデーが直撃すると、その答えっぷりが堂々としていてまたいい。フライデーに撮られるのは紅白歌合戦に出てからだと思っていた。この人の恋愛事情はどうなっているんだろうと謎にしておきたかったといいながら、彼氏と食事をするから一緒に来ないかと記者氏を誘うのである。

   行ったところが大衆中華屋というのも泣かせる。結婚するかどうかはわからないらしいが、このコムアイはナイスキャラで売れると思うな。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中