シラサギ大群に住民困った・・・住宅近くに4000羽!糞まき散らし悪臭や無気味な鳴き声

印刷

   茨城県土浦市を流れる桜川沿いの住民がシラサギの被害に悩まされている。大量の糞で車は汚れ、夜は不気味な鳴き声、一帯には悪臭が立ち込めている。ここにシラサギが増え始めたのは約10年前からで、現在は4000羽にもなる。なぜ住みかにするようになったのか。シラサギの生態を研究する筑波大の徳永幸彦准教授はこう説明する。

「ここから南下していくと、すぐそこにエサが豊富な霞ケ浦があります。さらに、住宅街からはちょっと離れた河川敷で、人との距離も取りやすいため、住み着いてしまったんだと思います」

鳥獣保護法で駆除できず

 

   駆除しようにも、野生の鳥類などを守る鳥獣保護法によって、許可なく捕獲したり殺したりできないのだという。大竹真リポーターが出かけて行った。「地元ではシラサギが宿る木を伐採してみてはどうか、マイクなどで音を出して驚かす方法も考えたそうなんです。しかし、シラサギには巣がなくなると近隣の木に移る習性があるそうで、仮に現在の場所から追い出したとしても、別の河川敷、最悪の場合、住宅街に棲みついてしまうため、打つ手がないというのが現状だそうです」

大繁殖

各地で鳥害・・・天敵の猛禽類減った

 

   犬山紙子(エッセイスト)「すいません。素人意見なんですけど、たとえばシラサギのゆるキャラみたいのを作って、町おこしに利用できませんかね。それでお金が入れば、被害にあってる近隣住民に分配するとか」

   司会の加藤告次「それが当たればいいですけどね。キャラクター作ったはいいけど、大コケしてしまったら大変なことになってしまいます。分配どころじゃなくなっちゃう」

 

   同じような鳥害は各地で起こっていて、猛禽類などの天敵が少なくなっていることも原因の一つのようだ。

ビレッジマン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中