セルジオ越後「もったいなかった」 五輪「対ナイジェリア」敗戦を総括

印刷

   サッカー解説者のセルジオ越後(71)が8月5日(2016年)、リオ五輪サッカー日本代表が5-4で敗戦した対ナイジェリア戦を、自身のツイッターで「総括」した。

   ナイジェリア代表はチャーター機の支払いトラブルなどで、試合開始6時30分前にブラジルに到着。現地入りの大幅な遅れから、調整不足やコンディション不良が指摘されていた。一方の日本代表は現地へ7月22日に入り、10日間以上にわたり調整を続けていた。

   こうした対照的な状況の中で行われた試合について、セルジオ氏は「ナイジェリアを対等なコンディションの相手として戦ってしまったのがもったいなかった」と振り返った。

   その上で、

「ナイジェリアの足が止まり始めたのは5失点してから。もっと早くナイジェリアの体力を消耗させておきたかった」

として、日本代表が「相手に余裕を与えてしまった」場面があったと指摘。「相手とのコンディションの差をうまく使えていたら」と残念がった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中