橋本環奈「銀魂オールアップ! 楽しい現場で終わるのが寂しかった」

印刷

   アイドルグループ「Rev. from DVL」の橋本環奈が8月27日(2016年)、映画「銀魂」の自身の出演シーンの撮影が終了したことを、ツイッターでつぶやいた。

「神楽、銀魂オールアップしました!素敵なキャストスタッフの皆さんばっかりで、すっごく楽しい現場で終わるのが寂しかった...」

   原作が人気漫画ということもあり、実写化の制作発表時には波紋を呼んだ「銀魂」。特に橋本が演じる「神楽」は毒舌や下ネタを連発し、それどころか嘔吐シーンまであるというキャラだが、橋本は「事務所NG関係なしに頑張ってます」とキャスト発表時のコメントで語るなど、体当たりで役に挑んだ。

   この日のツイートでも、「ハナホジ ゲ○ハキ...神楽顔も満載です。笑」と、その「熱演」をアピール。「完成楽しみすぎてソワソワしてます」と、期待をにじませていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中