少女誘拐・2年監禁の寺内樺風初公判!朝顔ドラッグで洗脳し「お前は親に捨てられた」

印刷

   埼玉県朝霞市の少女(15)を誘拐し、2年間も監禁した未成年者誘拐、監禁致傷に問われている大学生・寺内樺風被告(24)の初公判が27日(2016年9月)にさいたま地裁であり、少女の供述調書から2年間の逃げられないで過ごした絶望の日々が明らかになった。

   寺内は誘拐については認めたが、監禁致傷については「初めの数日から数週間は監視していたことを認めますが、それ以降の2年間はアルバイトに出かけるなど外出していたので、監視していた認識はない」と否認した。

少女供述調書「刑務所に入れて一生出さないで」

   少女の供述調書によると、寺内は誘拐後に臓器売買に関する音声を聞かせ、「両親は借金があり、あなたの臓器を売ろうと考えている。そこで私が保護する」と話し洗脳し始めた。「(寺内から)『(両親に)捨てられた』と言われ、『帰る場所がない』という言葉をいっぱい書かされた。家族を信じるべきか、犯人を信じるべきか頭がグルグルしました」と少女は語っている。洗脳のために朝顔のタネから作ったドラッグを飲まされたという。

罪は重い

   2014年4月に脱出する機会があり少女は試みている。「1度は犯人が長い時間外出したことがあり、逃げたいと思い玄関を開けたら開いたので外へ出た。公園に行き、小さな男の子を連れた女の人に『ちょっといいですか』と声かけると、『忙しいから無理』と言われ、それ以上声をかけられませんでした」と供述している。いったん部屋に戻ったが、同じ日に再び脱出を試みる。しかし、「おばあちゃんに声をかけたが、『無理です』と言われショックを受け絶望しました」という。

   2年経った今年3月、部屋にあったパソコンで両親が自分を捜していることを知って脱出し、母親に電話して保護された。その時のことを「親のインタビューや記事を読み涙が出てきた。両親の『味方だよ。ずっと待っているよ』を見て、受け入れてくれる。大丈夫だと思った」という。

   寺内に対しては、「犯人は刑務所から出てこられない無期懲役にしてほしいと思う」と話している。

全治不能の心的外傷ストレス障害

   裁判の争点は監禁致傷の長さ。菊池幸夫(弁護士)は「監禁の長さが数週間であれば懲役2年前後、2年間なら5~7年」という。後半を傍聴した阿部祐二リポーターは「検察側から少女の状態を『全治不能の心的外傷ストレス障害』と聞いたときはショックでした」と伝えた。

   コメンテーターの高橋真麻(フリーアナウンサー)「事件に無関係の私でさえ、怒り、やるせなさを感じます。監禁の長さが2年だとしても、懲役5~7年は短すぎる」

   宮崎哲弥(評論家)も「監禁された少女の2年間は精神形成上、重要な役割を果たす期間で奪われてと考えると、被告の罪は重いと考えるのが普通だと考えます」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中