「ハマの番長」三浦大輔「サイコーの時間を過ごせました」

印刷

   今季限りで現役を引退したプロ野球・横浜DeNAベイスターズの三浦大輔(42)が、現役最終登板の翌日9月30日(2016年)に更新したブログで、「改めて・・・25年間・・・熱い熱いご声援・・・ありがとうございました!」とファンへ感謝のメッセージを送った。

   ブログには、自身の引退試合を報じたスポーツ紙の一面記事を並べ、その横で三浦が笑みを浮かべている「自撮り」写真を掲載。本文では、

「三浦大輔は・・・たくさんの方に・・・愛してもらい・・・サイコーの時間を・・・過ごせました!感謝です!」

と、シンプルに思いをつづった。末尾は、三浦のブログではお馴染みの「ヨ・ロ・シ・ク!!」というフレーズで結んでいる。

   この三浦のブログ記事には、横浜ファンから、

「ありがとう番長!!ファンを、ベイスターズ大切にしてくれてありがとうございました!」
「横浜にいてくれて、残ってくれて、最後までカッコいい姿を見せてくれて、本当に本当にありがとうございました」
「弱小球団に残りエースとして頑張ってくれた事はファンの誇りです」

といった感謝のコメントが100件以上寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中