南海電鉄「外国人乗客に辛抱を」車掌アナウンスやっぱりアウト!?街で聞いてみたら...

印刷

   寿司店で外国人客への「わさびテロ」があった大阪で、今度は10日(2016年10月)昼前、南海電鉄のなんば駅から関西空港行きの空港特急で「日本人のお客様にご不便をおかけします。本日は多数の外国人のお客様がご乗車されていますので、しばらくの間、ご辛抱願います」とアナウンスがあった。日本人が「定められたアナウンスなのか」と駅で問い合わせて発覚した。

   車掌は40代で、なんば駅で乗客が「外国人が多くて邪魔だ」と叫んでいたので、トラブルを避けるためにアナウンスしたと説明した。「差別の意図はない」と言っているという。

外国人向けマナー喚起も効果なし

   空港急行の乗客はだいたい30%近くが外国人だという。いっぽうで、この路線は堺、岸和田を通る生活路線でもある。なんば駅には外国人向けに、「食事はしない」「携帯は使わない」「床に座らない」など車内のマナーを守るよう呼びかけがある。しかし、たくさんのスーツケースで社内は大混雑となり、声がうるさい、マナーが悪いなどの苦情は多いという。

違う言い方あったはず

   今回のアナウンスをどう思うか、日本人、外国人に聞いてみた。日本人は「こっちはイライラしてる」(60代女性)、「いいんじゃない。感じ悪い人いっぱいいるから」(70代女性)と肯定派。「アナウンスじゃなくて、直接言えばいい」(54歳男性)、「差別だとわかる人だっている」(30代女性)という。

   外国人は「国際都市なんだからそんなこと言うべきじゃない」(台湾、30代女性)、「気を付けているのに、2度と来たくない」(台湾、30歳女性)、「外国人もマナーを守るべきだよ」(香港、37歳男性)と話す。

日本人乗客も「差別には違いない」

   司会の小倉智昭「なぜもうちょっと言い方を考えなかったのかなあ。辛抱してはおかしいでしょ、どう考えても」

   取材した田中良幸リポーターは「文言だけ聞くと差別とも聞こえますが、聞いてみると、日本人、外国人ともに賛否は半々でしたね」

   深澤真紀(コラムニスト)「新幹線で修学旅行生をご辛抱と言ったら旅行生は傷つく。私も関空からなんばまで大きい荷物を持って乗ったことは何度もあります。マナー喚起は必要でしょうが、オリンピックやろうというのに・・・」

   笠井信輔ニュースデスク「受け手がどう感じるか。半数が嫌な感じというのはアウトですよ」

   梅津弥英子キャスター「車掌さんも、マニュアルだけじゃなくて、さらに対応しようとしたんでしょうね。言葉は間違えたけど」

   小倉「言い間違えて炎上もあるし、炎上するだろうなと思いながらいうこともある。言葉の使い方はいろいろ。これなんかも、皆さんご協力をといえばお互い気持ち良かったと思うね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中