大野、コンサートでまさかの「パンツ露出」! 高嶋ちさ子も「すごいですねえ」

印刷

   <「嵐にしやがれ」(2016年10月22日よる10時~・日本テレビ)>芸術の秋にちなんで、毒舌キャラのバイオリニスト高嶋ちさ子による音楽が100倍楽しくなる「激辛クラシック講座」を開催。冒頭から「有名音楽家はクズばかり」と熱弁をふるう高嶋の説明に目を丸くする嵐メンバー。金と女、賭け事に明け暮れ、放蕩の限りを尽くした音楽家たちを紹介。ショパンのピアノレッスン代が超高額の7万円だったと聞かされ、櫻井翔と二宮和也が同時に「時給7万!」と仰天する一幕も。

演奏中にヌーブラ取れちゃうのは「けっこうよくあるらしいんですよね」

   「オーケストラあるある」クイズでは、高嶋がプロデュースするバイオリニスト集団のメンバーがコンサート中に変な格好で弾き始めた理由を問題にする。いち早く手をあげたのは、リーダーの大野智。「こう、最初なってたんですか?で、途中からこうなった?」とバイオリンを弾くポーズから急に脇を締めたポーズをとる。「緊張して、脇汗がすごく出ちゃった」と答えるが、不正解。 お次は櫻井翔。「動きすぎてブラジャーが取れちゃった」に、高嶋「おー、正解」と叫ぶ。「正解はですね、ヌーブラが取れちゃった」思わず櫻井、「よくあることじゃないですよね」 と確認すると、「いや、けっこうよくあるらしいんですよね」と説明を受け、「よくあるんですか」と櫻井、たまげる。

   「皆さんもコンサート中にハプニングとか?」と高嶋が切り返すと、意外な答えが返ってきた。

   松本潤の「俺ら、ブラしねえすからねえ」の発言に、二宮和也も「まず我々はね、ブラが取れることはないです」と重ねて強調する。そこへ相葉雅紀が大ボケコメントを炸裂させる。「僕、ブラしてなかったからなんですけど、左乳首が1曲ずっと見えてたことがあって。洋服の手通すとこと首通すとこと間違えて入れて」と話しだすと、二宮が「タンクトップかな、あれ確か?」とフォロー。コンサートでの出来事らしい。相葉「タンクトップかな?だから、こっち(左)だけ見えちゃってる状態で、ずーっと、こうしながら(左手で隠しながら)歌ってた」と恥ずかしい過去を打ち明けた。

「あー、よかった、よかった。パンツはいててよかった」

   乳首よりももっと恥ずかしい赤面エピソードをぶっちゃけたのが、大野。櫻井の「大野さんもあったよね」のツッコミに素早く反応した。大野「早替えですよ。ジャニーズって何枚も着込んで、早替えで次の衣装どんどんなるんですけど。そのときは2枚着込まなきゃいけなかったものを、僕、中に着込むの忘れて。そのままステージ出て、自分の曲になった瞬間に、下をバーンて脱いだら、パンツだった(笑)」。話を振った櫻井、大爆笑しながら「最低、最低」と囃し立てる。相葉、「あー、よかった、よかった。パンツはいててよかった」と最悪の事態にならなかったことを我がことのように喜ぶと、「それで 、はけたんす」と大野、舞台から即座に撤収したという。櫻井がそれを受け、「(大野のソロの曲なので、ステージに)残んなきゃいけないのに、走って逃げるっていう」と指摘。大野、苦笑いしながらも「っていうハプニングですね」としめたのだった。「すごいですねえ」とつぶやく高嶋。日頃冷静な大野のまさかの大ポカ、観ていたファンも思わず目が点になったことだろう。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中