2018年 9月 21日 (金)

ツイッターで命拾い!釣果自慢「大きいでしょ。今から食べます」・・・だめ毒魚だよ

印刷

   ある釣り自慢が釣果の写真をSNSに載せたところ、「食べちゃダメ」「猛毒だ」と書き込みが殺到したが、釣り人の書き込みは途絶えた。手遅れだったのか。先週19日(2016年11月)、20代の男性が「でっかいカワハギ釣りました。これからキモ醤油にして食べます」と写真を載せた。立派な大きさだが、カワハギとはちょっと模様が違わないか?

呼吸困難に陥り死に至るソウシハギ

   すると書き込みが殺到した。「内臓食べちゃダメ」「その魚は猛毒を持っています!」「ソウシハギという魚かもしれないですよ」。男性が釣り上げたのはカワハギではなくソウシハギだった。

tv_20161124121931.jpg

   ソウシハギには猛毒があり、内臓を取らずに食べると呼吸困難に陥り、死に至ることもある。だが、釣り上げた青年は釣り歴1年で、そのことを知らないようだった。青年の書き込みはそれっきり途絶えてしまった。「食べちゃったのでは?」「生きてますか?」「死んでしまったのでは?」と書き込んだ側が大騒ぎとなった。

   結局、7時間も経ってから「携帯電話の電池が切れてました」「魚は食べずに海に帰しました」ということで、一件落着となった。

キノコ狩りでも使えそう

   にしても、このソウシハギ、本来は熱帯に生息する魚で、日本では釣れないはずなのだが、近年は海水温度の上昇で、全国で見られるようになっているそうだ。青い模様と大きな尾びれが特徴だという。

   菊川怜キャスター「ツイッターを見てた詳しい人がいっぱいいたんですね」

   司会の小倉智昭「そういう使い方できるね。きのことかもこれから食べますって」

   笠井信輔ニュースデスク「今回は、ツイッターで命拾い」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中