星野源「『真田丸』で過ごした時間は、本当に夢のようでした」 早くも真田丸ロス拡大中

印刷

   NHK大河ドラマ「真田丸」で徳川秀忠役を演じた俳優の星野源はツイッターで「初めての大河ドラマ『真田丸』で過ごした時間は、本当に夢のようでした。徳川秀忠としてのファーストシーンからアップまでの約7ヶ月間、様々なことを学ばせて頂きました」「スタッフの皆様。共演者の皆様。そして観てくださった多くの皆様。本当にありがとうございました!」という。

   視聴者の間では早くも「真田丸ロス」が広がっているようで、ツイッターには「一日経っても、まだ「真田丸」をさまよっておりまする。人として使い物にならんよ。どうしてくれる」「自分の中で本作は一生忘れられないドラマだったと思います」などといった感想が多数挙がった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中