2019年 11月 23日 (土)

過去最多!「技能実習生」失踪・・・ルビー・モレノ「気持ちわかる」実態にそぐわない制度

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   外国人労働者の失踪は昨年(2016年)は5800人と過去最多となった。この5年余りで2万1492人だ。とくに目立つのは技能実習生で、3年の滞在期限が切れる直前に行方をくらまし、不法に就労しているとみられている。

   年間2000人の技能実習生の受け入れ窓口になっている団体は、失踪を防ぐための研修を強化し、失踪者の行方を捜す特別チームを編成した。元入国管理局幹部だったこのチームのリーダー、板垣憲千代部長は元実習生が不法滞在するアパートを突き止めた。建設会社から失踪したインドネシア人で、板垣部長がアパート前に張り込んで発見し、入国管理局が不法滞在の疑いで摘発して強制送還した。元実習生は「友だちに誘われて失踪したが、賃金が減ってしまい、今は後悔している」と話したという。

滞在期間短く仕送りできず、日本の育成側もメリット少ない

   実習生の失踪増加の背景には何があるのか。松村正代キャスターは「技能実習制度は滞在期間が最長3年で、1度限りです。育成した企業は実習生を人材として残せないという条件が、逆に失踪を助長してしまうのではないでしょうか」と指摘する。

   外国人労働者の問題に詳しい井口泰・関西学院大教授はこう答えている。「この制度は、日本の技能を習得してもらうことによる国際貢献を目指しており、より多くの人に習得してもらうためにローテーション方式をとっています。この方式の宿命で失踪者の増える背景になっています」

   ゲスト出演したフィリピン人女優、ルビー・モレノさんも来日当初、家族への仕送りにためにクラブでホステスをした経験から、「短期間で働く制度だと家族への仕送りができないんです。(失踪実習生の)気持ちはよくわかります」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中