稀勢の里「武骨伝説」ケータイいじらない、私生活明かさない、力士ともだち作らない

印刷

   19年ぶりに日本出身の横綱が誕生する。初場所で初優勝した大関稀勢の里がきのう23日(2017年1月)に開かれた横綱審議委員会で満場一致で72代横綱に推薦された。「苦節15年、悲願を叶えた先代親方の支えは何だったのでしょうか」と司会の夏目三久が取り上げた。

「これからが本番。横綱は孤独」

tv_20170124111716.jpg

   稀勢の里は推薦を受けて「横綱として尊敬されるような力士になっていきたい」と述べ、報道陣に「先代の師匠(故・鳴門親方、元横綱隆の里)がいたら何と言うと思いますか」と聞かれ、「これからが本番だと言われると思う」と答えた。親方はいつも「横綱は孤独だ」とも語っていた。それを思い「その意味が少しでも分かるように強くなっていきたい」と自らに言い聞かせた。

   15歳で角界に入り18歳3か月で入幕を果たした。四股名は先代親方の「稀なる勢いをつくってほしい」との思いが込められている。2011年、大関とりがかかった九州場所の直前に親方が死去、それを乗り越えて大関に昇進した。

   夏目「本当に真面目で愚直で、その性格が相撲に表れていますよね」

   藤森祥平アナ「ふだんはお茶目だったり、ふざけあったりするシーンもあるんですが、親方の指導で痛いとか、苦しいとか、なるべく言わず休んだのはたった1回だけです」

   夏目「いまどき珍しい、昔ながらのお相撲さんですね」

自らに言い聞かせている「力士は普通ではダメ」

   石井大裕アナが稀勢の里の「武骨伝説」を紹介した。(1)人前で携帯電話をいじらない(2)SNSで私生活を出さない(3)力士の友だちはほとんどいない。理由について石井が説明する。「力士は普通ではダメ。神秘的でなければダメだ。とくに孤独でなければ強い力士にはなれないということです。そういう準備をしてきたということですね」

   沢松奈生子(元プロテニスプレーヤー)「すごいですねえ。私なんか、友だち、つくりまくりましたから。そこが違うんだと思いました」

   相撲協会はあす25日、臨時理事会と番付編成会議を開き伝達式が行われる。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中