2018年 7月 23日 (月)

道端アンジェリカ 美BODYの秘密「トマト寒天」!「肌きれいになるしダイエットにも効果」

印刷

   あさイチでチアシードや甘酒などの美容・健康食品を紹介してきた美BODYモデルの道端アンジェリカさんが、いま一番注目しているのは寒天だ。食物繊維たっぷリなだけでなく、「血圧にいい、糖尿病にいい、高脂血症いいと、メタボの特効薬です」(横浜市立大・杤久保修特任教授)という。アンジェリカさんは特集「寒天の観点。」でこう話している。

「メッチャ、お腹の開通いいです。お肌もきれいになるし、腹もちがいいからダイエットにすごくいいですね」

   とくに、トマト寒天を毎日食べているという。作り方と食べ方を古野晶子アナが紹介した。「水50ミリリットル、トマトジュース200ミリリットル、粉寒天2グラム、塩(塩が入っているトマトジュースなら不要)をすべてお鍋に入れ、沸騰したら弱火にして2~3分。寒天が溶けたなと思ったら火からおろし、型に入れて冷めれば完成です。道端さんはこれをサラダに乗せたりして食べているそうです」

餃子やクリームコロッケのおいしさ・食感アップ

   ゲストの山口もえ「寒天は固めてゼリーっぽくして食べるというイメージしかなったです」

   古野アナ「そうですよね。でも、きょうはいろいろな食べ方を出します!」

   真冬に凍らせて作る角寒天の生産地、長野・茅野ではさまざまな料理に寒天が登場する。水で戻してプルプルになったものをみそ汁に入れ、サラダのトッピングにし、スクランブルエッグに加えれば「トロッとフワフワで高級感あります」(古野アナ)になるし、野菜炒めは寒天が水気を吸うのでビシャビシャにならない。

   料理評論家の小菅陽子さんは寒天餃子、寒天カニクリームコロッケを作った。いずれも具に寒天を加える。餃子を食べた古野アナは「肉汁がジュワッと出てきます」。小菅さんは「肉が柔らかくなるんです」と説明する。蕎麦つゆを固めた「めんつゆかん」、ぽん酢を固めた「合わせ酢かん」、レモン汁にバジルを加えて固めた「バジルレモンかん」、ごまみそを溶かした「ごまみそかん」などを作っておくと、調味料、ドレッシングとして重宝するという。

   健康にも美容にも、食事もおいしくなると、寒天はフニャフニャと頼りなさそうに見えて、本当はすごい実力者だった。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中