2019年 12月 12日 (木)

サムライ・ジャパン、またも準決勝で涙 アメリカに2-1で敗れる

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2017」の準決勝が昨日(2017年3月22日)ドジャースタジアムで行われ、小久保監督率いる「サムライ・ジャパン」はアメリカに2-1で敗れた。エラーが引き金というきわどい負けだったが、前回に続き準決勝で終わった。

   TBSが中継だったから、「あさチャン」の報道も過熱気味で、日本中が熱狂しているかのよう。その準決勝は日本時間では昨日の午前9時すぎからだったから、試合が佳境に入った頃は昼やすみ。レストランのテレビの前で「会社に帰りたくない」という人たちが大勢いた。

   この日の相手、アメリカはオール・メジャー軍団だが、先発菅野が抑えてがっぷり。試合が動いたのは4回だった。球足の早い二塁ゴロを名手菊池が弾いた。このエラーで生きた走者が先制点となった。

石井一久氏の「天然芝に要注意」的中

   このドジャースタジアムで2年間プレーした石井一久氏が試合前、「天然芝なので、打球がバウンドして伸びるので要注意」と言っていたのが的中した。

tv_20170323124215.jpg

   しかしその菊池は6回、自らのバットで右中間に叩き込んで同点とした。男の意地に、羽田空港のパブリックビューイング、渋谷のバーで、神田の居酒屋で(昼間から?日本は平和だね)大歓声だ。

   そして8回、ランナー2、3塁で、平凡な3塁ゴロを松田がお手玉して、1点を許してしまう。日本中が? 悲嘆の声。そしてその裏、2アウト2、3塁で4番筒香の場面が最後の山場だった。快音を発してライトに飛んだ打球に、日本中が? 総立ち。だが打球は無情にも右翼手のグラブに。がっくりだ。

   そして9回裏、中田から始まる打線は、三者凡退に終わって、2017年の日本の挑戦も終わった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中