稀勢の里「ケガは放っておけば治る」と優勝インタビューで語る 劇的な大逆転

印刷

   大相撲春場所の千秋楽(2017年3月26日)にけがを押して出場した新横綱稀勢の里が、優勝決定戦まで持ち込んで劇的な大逆転優勝を飾った。

tv_20170327121714.jpg

   司会の羽鳥慎一「いやあ、すごかったですね。土日に出場しただけでもすごいのに」

   初日から12連勝した稀勢の里は、13日目の横綱日馬富士戦で土俵下に寄り倒された際に左肩を負傷し、緊急搬送された。休場かと誰もが思う中で強行出場だった。14日目の鶴竜戦ではわずか2.5秒で寄り切られ、1敗をキープする大関照ノ富士の前に優勝争いのピンチに立たされた。

   千秋楽はその照ノ富士との一番を突き落としで勝ち、優勝決定戦でも押しこまれながら小手投げで連勝した。ファンは「もうハートがぐちゃぐちゃ」「皆で後押しして優勝できました」と沸き返った。

一部スポーツ紙報道は「全治3カ月」

   稀勢の里は表彰式で涙を見せ「本当にあきらめないでよかった」と話した。いま一番したいことはと聞かれて「稽古ですね。ケガは放っておけば治る」と答えた。けさ27日の一部スポーツ紙には「全治3カ月」と載っている。

   羽鳥「ケガがすごかったから、どうなるかと思った。これはもう社会現象です」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中