2018年 9月 20日 (木)

テレビ朝日の昼の帯ドラマ「やすらぎの郷」スタート

印刷

   テレビ朝日が中高齢の視聴者向けに作った昼の帯ドラマ枠の第1作「やすらぎの郷」が3日(2017年4月)スタートした。脚本は倉本聰。「テレビ人」専用の老人ホームを舞台にした物語で、主演の石坂浩二をはじめ、「当て書き」のストーリーは虚実が入り混じっているという。

   石坂扮する菊村栄は往年の人気シナリオライター。全盛期の映画やテレビを支えた者が無料で入れる老人ホーム「やすらぎの郷」に入居する。先に入っていたかつてのスターを演じるベテラン俳優は八千草薫、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、五月みどり、藤竜也、ミッキー・カーチス、山本圭。石坂と浅丘の共演など見どころ満載の帯ドラマだ。

   放送は月―金曜日のひる0時半~0時50分、BS朝日では同あさ7時40分~8時。

   他局が撤退した昼の帯ドラマにテレビ朝日が挑戦する。さて、どうなるか。(テレビウオッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中