ベビー誕生と結婚の破局、忙しいジャネット・ジャクソン

印刷

   50歳という高齢で男児を出産して話題の米歌手のジャネット・ジャクソンが、自身のインスタグラムで赤ちゃんの写真を初披露した。今年(2017年)1月3日に生まれたばかりの長男Eissa君とジャネットのツーショット写真には、「お昼寝から目覚めたベビーと私」のキャプション付き。眠そうにあくびをするEissa君の可愛さと、赤ちゃんの額にキスをするジャネットの幸せなママの表情には、4月15日の時点で24万6千件の「いいね!」と1万4千件の祝福コメントが寄せられているようだ。

   しかし幸せの裏側で、ジャネットと赤ちゃんの父親であるカタールの大富豪、ウイッサム・アル・マナさんが破局していたことが報道された。原因は文化の違いとか。二人は2012年に密かに入籍し、2013年に結婚を公にした。しかし「イスラム教徒であるマナさんが、ジャネットをイスラム的な妻にしようとした」「束縛を感じたジャネットが自由を求めて離婚を決意した」など、いかにもな破局の原因が報道されている。

   これに対しマナさん側は、自身のサイトを通してジャネットへの変わらぬ愛情を訴えたり、公園で甲斐甲斐しく赤ちゃんを世話する良きパパぶりをアピールするなどジャネットとの復縁をあきらめていない様子。どうやらジャネット側が、一方的にマナさんと別れる決意を固めたようだ。ネットでは、「二人はお似合い。文化の違いを乗り越えて仲良くやって欲しい」という意見と「ジャネット、モラハラ夫から早く逃げて!」など両極端の意見が飛び交っている。

   いずれにしても大富豪同士の二人の離婚に、お金の話は避けて通れない。二人の間で、結婚5年以降の離婚であれば、金銭的にジャネットに有利な婚前契約がされているとの噂もあり、ジャネットが5年を待って離婚に踏み切ったという疑惑も...。

Noriko Fujimoto(セレブ評論家)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中