脱北外交官「アメリカとの外交関係が目的」と証言 「核実験は最終のカード」

印刷

   北朝鮮とアメリカの緊張が高まる中、「モーニングショー」は脱北した元外交官の証言を聞くことができた。金正恩氏の意図、日本をどう見ているか、などを語った。彼が韓国へ亡命したのは2年前だ。どこまで「読み」が通用するかだが、外交の現場にいた感覚は捨てがたい。

 

   昨日(2017年4月18日)ソウルでインタビューに応じたのは、北朝鮮の元外交官韓進明(ハン・ジンミョン)氏(42)。ベトナム勤務だった2015年1月、韓国に亡命した。以来、ソウルに住んで、北の情報分析などに協力している。

 

   北朝鮮のミサイルは、先月4発の一斉発射の成功の後、3回立て続けに失敗している。しかし外に向けては、「今後もミサイル訓練を重ねる。毎週、毎月、毎年だ。先制攻撃には、我々流の核先制攻撃で対応する」(17日、韓成烈外務次官)などと、相変わらず強硬だ。

ミサイル実験で関心ひく

 

   韓氏はその真意をこういう。「金正恩委員長は国際社会を挑発しながら、ミサイル実験などをニュースにして、関心を北朝鮮に向けさせようとしている」

 

   金正恩体制については、「外交官に対する取り締まりが強化された。即受付、即実行、即報告です。結果が出たら、すぐ委員長に報告しなければならない。最大限、早く終わらせろと命じている」「ちょっとしたミスが命取りになる。先代(金正日)とは緊張感が違う」

 

   韓氏が亡命した理由は、本国に送還されそうになったからだ。北の外交官は、生活資金捻出のため、外交特権の免税で買った車を横流しして、利益を分け合っているというが、彼は分配をしなかったらしい。

 

   しかし、北の意図については、「北が願っていることは、アメリカとの2カ国対話。最終的には大使レベルでの外交関係を願っている。国民のために文化、経済のレベルを上げようとしていると思う」

 

   先制攻撃は? 「ありません。北は戦争を願ってはいない。トランプ氏との交渉の接点を模索している。政策決定機関の心理をよく知っている。北の国民性からいうと、絶対に発砲することはありません」

ICBM発射は「封印」

 

   今後のミサイル発射は? 「25日の朝鮮人民軍創建85周年の祝砲として可能性大」。ICBMは? 「封印。アメリカに着弾したら取り返しがつかないことを、金正恩氏も理解している。発射は中距離ミサイル」

 

   韓氏はさらに、「核実験は最終のカード」「金正恩氏は、自分の行為が一歩踏み誤ると悪夢になると自覚している」「外交的な突破口として考えているのは日本」「日本とは国交正常化して、経済援助を得たい」などと語った。

 

   毎日新聞の鈴木琢磨氏は、「中枢を知ってるとは思えないし、今持っている情報は我々と同じものだと思う。ただ外交官の現場感覚はあるだろう」とみる。鈴木氏はまた、日本担当の宋日昊氏が昨日突然、「日本が独自制裁を解除するなら、対話に応じても良い」と、ある意味秋波を送ってきたことに注目する。ICBMに関しては、「軍事パレードでICBMを見せたことで、目的は達した」

 

   司会の羽鳥慎一「あれも、ハリボテではと言う見方もあるが」

 

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「撃ったらアウトというのは、誰でもわかる話」

 

   一方、昨日韓国から来日したペンス副大統領は安倍首相との会談で、「平和は力によってもたらされる」といった。空母カール・ビンソンは、当初予測よりかなりゆっくり航海していて、ちょうど25日頃に日本海へ入るという。これが何を意味するのか。読み切れる材料はない。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中