自民・女性議員との「痴話喧嘩」と不倫女性へのストーカー? 中川俊直議員が政務官を辞めたワケ

印刷

   おととい(2017年4月18日)経済産業大臣政務官を辞任した自民党の中川俊直衆院議員(46)の、辞任の理由が、今日発売の週刊新潮(4月27日号)で明らかになった。妻がありながら、別の女性とハワイで結婚式を挙げたり、女性国会議員との関係、さらにはストーカー疑惑と、しっちゃかめっちゃかだ。

   週刊新潮の記事は、中川議員と愛人関係にあった女性(47)の告白からなる。「関係は2011年からで、不倫は承知。奥さんとはうまくいってなくて、私の家で生活する感じ。年に300日は一緒にいた」という。掲載写真がすごい。

「結婚証明書」に中川氏のサイン

   2013年にハワイで撮られたもので、結婚式を挙げた牧師を真ん中に、ワイシャツにレイをかけた中川氏とウエディングドレスの女性が立つ。牧師が手にした「結婚証明書」には、中川氏のサインがある。ただし、「Shunchoku」と音読みだ。無論、正式の婚姻届は出されていない。

tv_20170420113255.jpg

   中川氏の父は、自民党の重鎮、官房長官も務めた中川秀直氏。祖父から続く国会議員の家系で、秀直氏のあとを継いで2012年の衆院選(広島4区)で初当選。現在2期目。テレビ東京の政治記者から秀直氏の秘書と、永田町では20年の「キャリア」がある。昨年8月政務官に抜擢された理由でもあった。

   中川氏の初当選の映像があった。「妻と子供に感謝したい」と言っており、奥さんも写っていたが、女性との関係はすでに始まっていた。そしてハワイの写真は翌年。そしてまだまだ先があった。

「前カノ」は前川恵衆院議員

   女性とはその後別れたが、昨年暮れによりを戻した。中川氏は「週刊誌に追われている」と言っており、女性が問いただすと、「前カノで前川というんだ」といった。すでに別れたと言っていたが、その女性との電話が「痴話喧嘩」になったのを見て、「ブチ切れて、追い出した」

   すると後日、訪ねてきたが答えずにいると、ドアをドンドン叩いた。「週刊誌に話すというと、泣いていた」という。女性は110番して、緊急システムに登録した。いわゆるストーカー登録というやつだ。

   で、話に出た「前カノ」については、フライデー(3月24日号)が、中川氏が前川恵衆院議員(41)と密会している写真を載せていた。

番組が中川議員に直撃

   中川議員はフェイスブックで、「重婚もストーカーもしていない」と言っているが、「モーニングショー」は問題の写真について聞いた。

   --この女性は愛人? 「愛人とは思ってない。男女の関係はあった」

   --ストーカーの件は? 「110番通報でことが大きくなった。説明したいと数分間ノックした」

   --前川議員とは? 「ありません、ありません、それ以上はもうお答えしようがありません」

   羽鳥慎一「親子3代にわたるサラブレッド。当選の日も浅くて政務官ですから、エリートというか、将来を嘱望されていたということですね」

   高木美保「どっちに転んでもダメ。愛人以上でも遊びでも(笑)。写真を残してるなんて、議員として、脇が甘いどころじゃない。無自覚もいいところ」

   玉川徹「国会議員は広島の代表じゃない。日本の代表なんだから、有権者も考えて欲しい」

   父親の秀直氏にも女性スキャンダルがあったな。モテ男の血筋か。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中