微妙な位置の「フランケンシュタインの恋」

印刷

   綾野剛演じる不老不死の怪物とヒロイン、友人の三角関係を軸に展開する日本テレビのドラマ「フランケンシュタインの恋」(日曜よる10時半)は、2話の平均視聴率が9.3%で今期ドラマの10位という微妙な位置につけている(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

   ヒロインには二階堂ふみ、怪物と暮らす友人には柳楽優弥というキャスト。「年の差100歳の恋」という奇想天外なストーリーなのだが、視聴率は2話でダウンした。

   新井浩文扮する天草純平というラジオリポーターが怪物の恋の相談役という設定で、怪物が好きな「あまくさソング」がいい味を出している。現在、番組HPで歌詞3番までフルバージョンで公開している。(テレビウオッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中