2018年 9月 24日 (月)

日本一お洒落な電車「みなとみらい線・東横線」小島奈津子が途中下車してご案内

印刷

   <ぶらり途中下車の旅(日本テレビ系)>横浜と渋谷を結ぶみなとみらい線・東横線は日本で一番おしゃれな電車路線かもしれません。沿線のお店やフードも流行の最先端をいきます。駅名も馬車道なんて素敵です。そこから5分も歩くともう港で、90年前に建造された帆船「日本丸」の前にアナウンサーでタレントの小島奈津子さんがいました。

   「でも、ここでのお目当てはこれではないんです」

   スカイダック横浜に乗ろうというのです。スカイダックはタイヤとスクリューが付いた水陸両用観光バスで、陸と海から横浜港を周遊します。乗り込むとビニールのレインコートが手渡されました。バスはガラス窓が取り払われたオープンなつくりになっているのですが、雨が降ってくるようなお天気ではありません。はて、これはなぜ?

   と、横浜開港記念館などを巡ったあと、バスはいよいよ水上へとスロープを滑り降りていきます。ザブ~ン! このとき水しぶきが勢いよく飛び散ります。レインコートはこのためだったのです。びしょぬれになった小島さんは「海から見る横浜港は、陸からとはまったく違って見えます」

   停泊中の豪華観光クルーザー「飛鳥Ⅱ」を海上から見上げると、おおきなビルのような威容に圧倒されます。

ただのジャムじゃないよ。コンフィチュールだよ

   馬車道通りを歩いていると、ちいさな看板に目が留まりました。「旅するコンフィチュール」とあります。「詳しく知らないんですけど、フランス語でジャムのことじゃなかったかな」(小島さん)

   入ってみると、はたしてジャム屋さんで、甘い香りがいっぱいに広がっていました。オーナーの違(ちがい)克美さんが何度もフランスに通っているうちに覚えた味を、ここで手作りしているのです。ジャムといっても、素材をさまざまに組み合わせて複雑な味を作っています。たとえば、イチゴとバルサミコ酢。さっそく試食した小島さんは「さわやかです。いわゆるイチゴジャムというのではなく、バルサミコのコクがじんわりと口の中に広がっていく感じ」

   杏とアーモンドのコンフィチュールもお買い上げで、1びん650円でした。

   新高島駅で途中下車して、幻の焼きもの眞葛焼のミュージアムにも寄ります。京都の窯元・宮川家の香山が明治になって横浜で始めたもので、花瓶や壺に人、鳥獣、虫などを施し、そのリアルさに世界の陶磁器コレクターは驚嘆し、多くは海外に流出してしまいました。これを回収して展示しているのが眞葛焼ミュージアムです。彩色も鮮やかで、素人目にもアート性の高さがわかります。

ヨーロッパ最古のイタリアお菓子

   さらに、東横線に入って自由が丘で下りて、ヨーロッパ最古のお菓子というのを賞味しました。イタリアのサルデーニャ島で作られ食べられてきたものだそうです。小島さんも知らなかったようで、「オレンジのはちみつのセアダスってなんだろう。見たことないなあ」と興味津々です。

   店長さん「5000年以上前から島で食べられていたといいます。日本でいえば、縄文時代ですよ」

   小麦粉のパイ生地に羊のチーズを入れて油で揚げたものでした。これに苦みのある西洋ヤマモモのはちみつをかけて食べます。「パイを食べてるんですけど、後から苦みがきて、チーズでトロッとするんです。大人の味です。デザートワインと一緒にいただくと、ああ~、合いますウ」(小島さん)

   お店では羊のチーズもはちみつもサルデーニャ島から取り寄せているそうです。

   6月2~3日(2017年)の横浜開港祭ではさまざまなイベントが開催され、港ヨコハマが賑わいます。お出かけになってはいかが。(放送5月5日あさ9時25分)

                                         涼

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中