モト冬樹「本当の親子になれた実感」 嫁ぐ娘の手紙に感涙

印刷

   ギタリストでタレントのモト冬樹さんが、娘の奈由さんの結婚披露宴で感涙にむせた。

   それは披露宴の終盤、娘が父親に「手紙」を読む場面でやってきた。モト冬樹さんが「俺が思っていた疑問をすべて答えてくれた手紙だった」と、2017年6月18日付のオフィシャルブログ「ツルの一声」で明かした。

「信頼できるお父さんです」

   モト冬樹さんは2010年5月、59歳のときに由美夫人(当時49)と結婚。由美夫人は再婚で、娘の奈由さんは20歳だった。それから、7年...... 

「確かに娘とは仲良しだけど

俺を父親として、どう思っているのかとか

そもそも父親という感覚はあるのかなとか

別にいまでも充分幸せだしそれでいいかと思っていた」

   美しく成長していく娘との生活やいっしょに過ごせる楽しさ、うれしさはあっても、実の父親でないことに、どこかもやもやした不安を感じたり、やるせない思いがあったりしたのだろう。晴れやかな披露宴でも、そんなさまざまな思いが交錯していたのかもしれない。

「お父さんは血が繋がっていなくても 誰よりも信頼できる 奈由の本当のお父さんです」
娘の言葉に感極まった。
「本当の親子になれた実感というか」

   ブログでは花嫁の父らしく、奈由さんに、

「絶対に幸せになれよ」

    と、言葉を贈った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中